乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後ブルーの日々②
2014年04月03日 (木) | 編集 |
かくして、入院中から母乳についての検索魔と化しiPhoneとニラメッコしていた。
産褥期に目を酷使した私は、多分、更年期に真っ先に目をやられるんだろう。もう諦めた。

母乳だけじゃない、この間まで繋がっていたはずなのに息子の全てが未知だった。
前も後ろも、右も左も分からない。
猫の慣らし期間を考え実家に戻ったのだが、父・夫、男所帯の我が家は全員が子育て初心者で抱っこすらおぼつかない。
神経が張り詰めているのが自分でも分かった。ジャックナイフ母。

結局、妊娠中は出産がゴールになっていて自分の事しか考えられていなかったのだ。
産後の具体的な生活をイメージできていなかった。可愛い洋服、カッコイイバギーなんてどうでも良かったのに。

育児書、母乳育児の本、予定外だった大量のミルクやらをポチポチしていった。
母乳育児を妨げない哺乳瓶なども新たに購入した。

どうしても迷った時は先に母になっている友人達にSOSを出した。沢山助けてもらった。

母乳分泌に大切な事は 産後直後からの頻回授乳、赤ちゃんが欲しがるだけ何回でも。
(母乳推進のスパルタ病院だと、ミルクは与えなかったりもするらしい)
そして、栄養・睡眠…ママのストレスは大敵なのだとか。

でもそれって産後の実生活とは真逆のことを求められてる気がした。
母乳を枯らせないためにはミルクの前に必ずおっぱいを吸ってもらわないといけない。
おっぱい→調乳→ミルク→哺乳瓶洗い→ゲップ、オムツを換えて…軽く小一時間はかかる。
睡眠なんて細切れ必須だし、ゴハンをノンビリ食べてる余裕なんてない。

私は必要以上にテンパっていて、髪にブラシを1回通すのに1週間かかった器の小さい人間だ。

何より、出ない母乳が特大のストレスそのもので、まさにデフレスパイラル。

頻回授乳といわれても、既に結構な量のミルクを与えてしまっている我が子はよく眠った。
消化の良い母乳と違い、ミルクは腹持ちがよいのだそうだ。
母乳を増やすにはミルクを減らして空腹感を煽り、泣いてもらい、吸ってもらうしか方法は無さそうだったが、自己流でそんなことをして万一、彼の成長を妨げてしまっては本末転倒な話だ。

正直、自分でもナニを目指しているのか良く分からなくなっていた。
母乳とミルクの混合と言っても、この先外出などが増えたら上記のようなルーティンを続けるのも難しそうだ。搾乳して与えられるほどの量も無い。

使い物にならないおっぱいなら、早く誰かにそう言って欲しかった。
そうすれば、迷いなくミルク1本(=完ミ)にできるのに。

埒が明かなくなり、産後2週目から区の保健師さんや助産師さんの訪問をお願いしてひたすらブルーを訴えた。
産院の母乳外来、および、母乳育児を推進している相談室に通いマッサージも受けた。
明確な答えが出るわけではなかったが、いろいろな気付きもあり、また具体的に動き始めた事でほんの少しずつではあったが気が晴れた。

息子の体重チェックも兼ねて週一のマッサージ通いは今も継続している。
ミルクをどの位足すかはずっと悩みどころだが、色んな意見を自分なりに解釈して量を決め、細々と混合栄養を続けている。

が、やっぱりおっぱいはほとんどおしゃぶり状態で実質ゴハンとしては機能していない感じ。

全く母乳ってヤツは…今日でなくても、明日でるかもしれないと思うとなかなか止め時も難しく。
今は、もう少しだけ頑張ってみて、時期が来たら完ミに移行しようと思っている。
4ヶ月、また6ヶ月、はたまた1年かけて完全母乳(=完母)になる、また母乳比率を半分や三分の二程度に持っていく人もいるらしいが、根気と信念、根本的な体質、理想の生活スタイル…色んな要素が絡むかと。

というわけで
貴重な新生児期を泣いて過ごしてしまったことは勿体無かったし、本当に情けないけど
少しでも母乳をあげたいと思い立ち行動した事は、不器用な私なりの母性だったのかな?とも感じている。

実は未だに「母親」としての自分に実感が沸かない。
ただ、私のミスで将来に影響が及ぶような事があってはならないし、この子を守らなければとは強く思う。
その意味でミルク缶にご丁寧に書かれている「赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳」というのを
なんとか実現してあげたかったのかな、と。

(余談ですがこの文言って必要なのかね?今まで4ブランドのミルクを購入してみてるけど全部に書いてある。決まりなのかな?そんなの分かりきってるし、事情があってあげたくてもあげられない人にとっては余計なお世話だと思うのだけど)

半年経てば離乳食が始まり、過ぎたことはすっぱり忘れてしまう位悩みは次々出てくるそうで
当たり前だけど子育てはノンストップ。一旦休みも、振り出しに戻るもない。

もっと大らかに構えて、楽しみたい。これからは息子と一緒にたくさん笑いたい。

そのために、自分にできない事を嘆くより、できる事をしっかりと。まだまだ修行が必要だけど。
へっぽこ母さん、これからも頑張ります!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: 裏コメ Sさん
本当に仰るとおり、今を楽しまないといけませんね!
第一子ってこんなに大変なんだと産んでから身に染みてますが、貴重な経験ですものね。
ニオイといえば、最近指しゃぶりを始めて、手のひらのホコリと混じって何とも芳しいです笑
でも癖になる…思わずクンクンしています…猫の肉球に近い感覚です。

ちなみに私の住まいは都内なんです。
ゴッドハンド…気になりますが、外出が増えてくる今後は更に完ミに近づきそうかな~という感じです。
2014/04/09(水) 21:00:37 | URL | ちい #-[ 編集]
Re: しほりんさん
しほりんさん、お仲間がいると思うと心強いです。
2ヶ月からの頻回とは尊敬します…胸張れますよ~それは!本当に頑張ってらっしゃるんですね。
私は混合と言っても9割9分がミルクですので^^;
確かにミルク代は痛い…母乳は荷物が少なく、タダで、しかも最良の栄養で未だに羨ましいなと思いますが、皆簡単にそこにたどり着いたわけでは無いんですよね。
私は完ミへの切替カウントダウンと言う感じですが、これまた決心がつかずで宙ぶらりんです。
動物と赤ちゃんの共存共栄も母としては心配ですよね。ワンちゃんは頭いいからまだ大丈夫かな?
うちも毛の生え変わり時期のやんちゃ猫2匹ですので…いろいろ似てますね^^
2014/04/09(水) 20:53:02 | URL | ちい #-[ 編集]
Re: しなの川さん
そうだね~やっと少しは力抜けてきました。
1滴も出なけりゃ諦めもつく(?)気もするけど、下手に2滴位出てしまうので未だ決断できず…
でも母乳ってママの努力で出るもの、出せるもの!って風潮の中、そうやって苦労しているママさんがいると分かるだけでも救われるな~
ミルク缶の記載はね、そうだよね…ポジティブに捉えないといけないんだけど、そういうのにイチイチ反応して噛み付いてしまうのが母乳コンプレックス母のダメなところよね笑
2014/04/09(水) 20:29:33 | URL | ちい #-[ 編集]
Re: はるさん
はるさんはスパルタ教育を受けられたのですね~。
妊娠したかもと思い、病院を選ぶ時にそんなこと基準に考えもしなかったな…
スパルタ病院で指導受けてたら、どうなっていたかなって後悔したときもあったんですが、いずれにせよダクダク出る体質では無さそうなので、それはそれでノイローゼになっていたかもしれないなとも思うんですよね。
私も完母にこだわりはないのですけど、混合というのがこんなに難しいというか、面倒なものだとは思っていなくて^^;(もっと便利におっぱいとミルクを使い分けられるイメージだったんです)
ママとしては初めから躓いた感もあるんですが、できることをしっかりやっていけば、きっとママっこになってくれる!と思ってやっとマイペースつかめてきました。笑
お互い、楽しんで育児しましょー
2014/04/09(水) 20:14:58 | URL | ちい #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/07(月) 18:49:14 | | #[ 編集]
おなじですー!!
ちいさん、同じですよ!!
全く同じような日々を私も過ごして今に至ります。今は違う悩み、問題が出てきてて、泣いて喚いて、自分で自分が怖くなる時があるような有り様です。

うちの病院は母子同室で母乳育児に対してはかなりスパルタでした。
しかし私は私自身が完ミだったせいもあり、母乳なんて出ないだろ~、しかも片チチだし~とお気楽に考えており、入院中は地獄でした泣。
入院前のアンケートで混合希望と書いたにも関わらず、完全スルーの看護師たち…
痛いと言って何とかさぼったり…と、今思えばあのときからちゃんとしておけば良かったと思います。
他のママさん達は皆ベテランの様に子に母乳を与えており、かたや私は母乳はほぼ出ていないらしく、母乳後には必ずミルクを与えるので、毎回毎回、看護師さんにミルクを頼む度に自分は落ちこぼれなんだとどんどん塞ぎこむ様になり、追い詰められましたよー
退院後は更に地獄で、うちは訳あってどちらの親とも絶縁状態でして、頼れる人は誰もいないので、傷も痛むのに帰宅早々動かなくてはいけなくて、平日昼間は右も左もわからない新米母と子と三匹のトイプー一家…よく生きてたなと思うくらいの日々でしたね…

家に帰りミルクの量は増えました…
その結果…
正直、ミルク代減らす為に母乳にしよう!!と2ヶ月過ぎてから必死に切り替えしました。4ヶ月の今も足りてない感は否めませんが、寝る前にミルクを足して与えるだけで、どうにか頑張れてます。
…が、丸1ヶ月は毎日泣きながら出ない乳を吸わせておりました(T_T)
2ヶ月から始めたからやっぱり今更母乳は出ないんだと、何度挫折しそうになったことか…
ストレスで母乳がほとんど出てない時もありましたが、3ヶ月にもなると満腹中枢もちゃんと働く様になるらしく、むやみやたら欲しがらなくなり、段々母乳だけで満足してくれる?ようになりましたよ。
あとは、家にいるとどうしてもおっぱいをせがまれる回数が多いので出掛けたりして、他に興味をひかせ、母乳間隔をあけたりしました(^^;
でもやはり私も欲しがる時は欲しがるだけ吸わせたり、無理に放して泣かれるのがイヤで時には一時間くらい吸われたままの時もありました汗。
それが良い事ではありませんが…
私は3・4ヶ月健診で体重が減っていたらきっぱりミルクにしよう!と目標に頑張ってました(^。^;)それ以上は無理でしたねー
でも、何とか規定値に入っていたので、そのまま続行中ですが、私も胸を張って言えるようなものでは無いのになんとかなってるのでちいさんもあまり思い詰めないようにして下さいね。。。





2014/04/05(土) 19:45:51 | URL | しほりん #-[ 編集]
ちぃちゃん、お疲れ様! 力は少し抜けてきたかな…? ママ友さんから、一滴も出なかった、という話も数人から聞いたよ。 まぁ皆、その時は母乳に限らず、それぞれ色んな初めてに直面して必死だから、後になって笑って話せる事なんだけどね…
「最良の栄養は母乳」=「その母乳に近い製品である」と主張したいのだと思うよ~。 長文ごめんね。
2014/04/05(土) 08:46:43 | URL | しなの川 #-[ 編集]
ちいさん、こんばんは!
私も片チチなんですが、私の産院は母乳スパルタの病院で
私はそれがストレスでつらかったです。
頑張って吸わせている(つもり)のに母乳の出はよくないし
吸われ過ぎで(?)、痛いし出血までしてしまって辛かった。
なので入院2日目の夜から助産師さんに完母は無理そうなので!と自ら混合を申し出ました。
人それぞれの価値観はあると思いますが、
私は混合でも完ミでもいいと思ってました(完母は無理と思ってました)
もちろん子供の為に出来るだけ母乳はあげたいという思いはありますが。
私も今は母乳はおしゃぶり状態ですよ~。
それでも母乳はやめないです、ママにしか出来ない武器みたいのを持っていたくて、笑。
ママっ子にするのが夢なんです、笑。

ちいさんの息子くんも、もう少し月齢が進んだら笑顔が増えて
「あー」とか「うー」とかしゃべるようになって、楽しみですね。
(うちの子はなぜか「うー」は言わないんですけどね。。。
「あー」ばっかりです。笑)
赤ちゃんの成長は本当に早いですよね。
ちいさんの言う通り、だからこそ「今」しか見ることのできない子供の日々を
記憶に残しながら育児を楽しみたいですね♪
予防接種のスケジュールなどなど、これからもっと忙しくなると思いますが、
楽しみましょうね~!
2014/04/04(金) 22:40:39 | URL | はる #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。