乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療③-5 クリニック卒業
2013年07月18日 (木) | 編集 |
2013.7.17(水) 9w2d

尿検査→内診→医師問診→看護師問診

クリニック最後の日にして、これまででもっともドライな先生に当たったようです(笑)
内診時もモニターに関してはノーコメントで淡々と計測のみ行っていきます
画像が不鮮明なので、何がどう映っているのか全く分からず

「まあいいや、問診の時に全部聞こ」と思っていたら診察室に入るなり
「ちいさんですね。赤ちゃん大きくなっています。心拍も問題ありません。今日で卒業です。」

ワォ秒察!

「紹介状を出します、病院は決めていますか?」
「はい、○●区の△□病院で」

こういう字だっけな…と言いながらカルテにメモメモ

「はい、卒業ですけれど、何かご質問は?」
「あ、え~~~、サイズとか心拍数とかも順調という事で?」
「今のところは、ですよ。後は病院で見てもらってください」

写真を見ながら、コレが頭で~、コレが手で~、何ミリで~などの細かい話をするでもなく
もちろんそこには、卒業おめでとう的なウキウキフィーリングも皆無でした
まあ、初めて会う先生だったし、ちいもオエッピーに支配され「ありがとうございました!ウルッ」といった感慨も湧かないからな…

それにそうね、クリニックは卒業と言っても実際にはここからが始まりみたいなものだからね
このくらいの淡々とした感じで正解なのかもしれません

◇22~23週、と産後1ヶ月検診後にアンケートを郵送
◇凍結胚盤胞がひとつ、こちらが連絡をしなければいつまでも保存される

<お会計>
7,300円(紹介状文書代3000円含む)

<クリニック累計>
962,587円

不妊治療については、簡単なまとめ及び少し突っ込んで思いを残しておきたいのですが
なにせこの体調で思考停止状態なもので記事はもう少し先になりそうです…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。