乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療②-2 排卵予測~採卵~受精確認
2013年04月12日 (金) | 編集 |
2013.3.28(木)生理11日目
排卵予測

血液検査→内診→医師問診→培養士問診

◇ホルモン値 E2…509 LH…13.9 P4…0.7 FSH…7.2
◇右に20mmの卵胞ひとつ、他は取るに足らないサイズ
◇採卵日決定、2日後の3/30朝

◆夜11時にスプレキュア、今回はボルタレン無し
◆クロミフェン服用は中止

「今回はボルタレンは無いんですね~」とサラッと聞いてしまったら
培養士さんがその理由を丁寧に教えてくださったのですが

う~ん、むずかしい(笑)

つまりはLHサージの数値によってボルタレンの有無を決めるということらしく
排卵コントロール、繊細です

クロミフェンで2つか3つ、取れたらいいな~なんて思っていましたが結局1つ
でもまぁ、量より質です!

<お会計>
0円

2013.3.30(土)生理13日目
採卵日

土曜日に当たったので、夫も同行する事ができました

流れは1回目採卵→と同じ感じ

2日前の診察通り、右卵巣から1つ採卵できました
妻の採卵が確認できれば、別途、夫が採精に呼ばれるようです
前回DVDと本だけだったのが、新たにappleTVが導入されていた、とのことです…

そして培養士さんとのお話
振りかけでいけそうかor顕微のが良いか、現状だと判断がつかないので
この後の様子を見て決めたい、あちらに任せてほしいとのお話を受けました

ちい達は絶対振りかけ!とか、絶対顕微!とかのこだわりがないので即了承

<お会計>
40,000円 

2013.3.31(日)生理14日目
受精確認

クリニックの指示通り、14時に電話は、やはり合格発表を待つようなドキドキ感
夫も隣で正座していました

今回は名前を名乗った瞬間に
「はい、ちいさんですね~、はい、昨日ひとつ採卵したものを顕微授精しまして
無事に受精しました。明日朝10時頃、分割確認のお電話をくださいね~」

うおお!
まだまだ先は長くとも、着実に1歩は進みました

前回はこの段階で「受精したか不明、明日まで培養し様子見」というグレーゾーン
で、結局受精せずだったのだから…

卵よ、がんばるのだぞ!そのまま分裂するのだぞ!
もはやちいにできることは何もなく、せめてクリニックのある方面に向かって気を送りました
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。