乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療①-1 初診 生理25日目
2013年03月03日 (日) | 編集 |
2013.2.11(月・祝) クリニック初診

会社の最終出勤日が20日と決まっておきながら、相変わらずボヤボヤしていたら
夫にお尻をベシベシ叩かれ、クリニック初診へ

以前通ったとこに再度?とも思っていましたが、どうせやるのなら体外に強いところ
…と多分、日本で一番有名かも知れないクリニックへ行く事にしました

初診の人は12時までに受付なのですが、11時58分頃滑り込み

過去の治療歴、罹患歴などの問診票記入すると、
前院長先生の著書と共に、このようなファイルを渡されます
shoshin.jpg

うわさに違わぬ効率的な流れに乗って
・血圧 ・尿検査 ・内診(頸がん検査も)・採血 ・精液検査 ・医師、看護師の診察
が行われます

ネットで「ベルトコンベア式」「システマチック」「ゆえに先生と話しずらい」
などと書かれているのを目にしていたので、どんなにか冷酷な医師が現れるかと思いきや
スマートで優しく、お話もとっても分かりやすい方でした

乳がんで相当個性の強い医師と接してきたちいとしては「わぉこの人フツウ!」と
思ってしまったくらい(笑)もちろん、どちらも、良い意味でですよ!

これまでの経緯を話すと「じゃ、ま、すぐ体外受精ってことですね」とそこは確かにアッサ~リ
迷い無く、あれよあれよと進んでいきます

その日中に分かったことは
◇夫正常
◇私は生理が近づいているからか、エコーにお水がチャポチャポ映りました
 (確かになぜかその日は朝から、尿漏れかと思うほどのお水が出ていました…)
◇やはり軽く内膜症はあり

で次のステップとして
◆生理12日目の来院
◆サボっている基礎体温をつけ始めるように
◆乳がんの主治医に妊娠の許可、薬の制限の有無があれば一筆お手紙としてもらうように
 治療スタートはそれから

以前、口頭で不妊治療の許可をもらっていたので、それではダメかと尋ねましたが
やはり文面で必要との事でした
すぐに乳がんのクリニックに電話で依頼、次の日には用意してくださるとのお返事

治療の詳細はいらない、簡単なもので良いとお伝えしたのですが…
2cmほどはあろうかという分厚い紹介状は3日後にピックアップしました

<初診時会計>
16,918円

<紹介状>
1,810円

初診は全部で3時間半位かかったかな~
祝日でもあったのに、予想よりは、混んでいないという印象でした
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
→シロクマさん
シロクマさんの周りにも患者さんいらっしゃるんですね。やっぱり同じ年のうちの姉の友達にも、ここのお世話になった人は結構いるみたいで。
私の直接の周りにはいない(言わないだけかなぁ?)ので、またあの人何やら病院行きだした…的な立ち位置になっているような笑
昨年末に息子さんが院長になったみたいです。どうやら初診はこの息子院長先生みたいです。
そうなんですよ、ほんといろんな意味で「何かと大変」なので、楽しんで淡々とこなしたいなと思っていて。好奇心が満たされた頃終えられれば良いのですが。飛んでく諭吉にも無関心を敢えて装わないとやってられない~><
2013/03/04(月) 18:29:44 | URL | ちい #-[ 編集]
前院長先生の著作を渡されるというお話、他の方からもきいたことあるわ〜。
その時はまだ現役院長先生で、その場でサインして下さったとか・・・。

病院の印象よいみたいでよかったね。
不妊治療って通院が多いし注射も多いし(いや、私は注射は全く苦にならんが)、
何かと大変なこともあると思うけど、ちいちゃんの持ち前の好奇心でもって
楽しみながらがんばってね〜。
2013/03/04(月) 13:26:22 | URL | シロクマ #UmiDt4pw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。