乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻ボランティア⑦ コミュニティ畑作り
2011年12月29日 (木) | 編集 |
【22日(木)】

おお~遂に、雪が積もった!
yukinomaki

あまりに天候が悪いと待機になってしまうのですが
ひとまずラジオ体操
yukinomaki2ブルブル…

この日は、牡鹿半島の給分浜でコミュニティ畑作り予定

この浜は75世帯ほどの小さな集落ですが、その3分の2が津波で
家を流されてしまったそう

今は小高い場所に仮設住宅が建っています

石巻から1時間弱で浜に到着、雪は、こちらでは降らなかったよう

班は2つに分かれて、一方は畑の整地
hatake

もう一方は、この畑を囲むブロック塀のペンキ塗り
及び、仮設の皆さんがお茶できるようテーブルと椅子もカラフルに
block
ちいはまたもペイント班になってしまい
このボランティアではすっかり刷毛の使い方をマスターしました笑

作業に入る前、初めて、仮設の訪問をしました
畑を作ることのPRと、小さいお子さんがいればペイントを一緒に!
と呼びかけます

最初からこのプロジェクトを行っている長期ボランティアのリーダーも
仮設訪問は初めてとのこと
大事な第一歩の日です

皆さんは、あたたかく迎えてくださいましたが
子供さんがこの日、出てきてくれることはありませんでした
それでも、外でペイントしていると
「カラフルだねー、何してるのー」と
通りすがるおじいちゃんおばあちゃんが声をかけてくれます

農業をされているおばあちゃんには、畑に何を植えたらいいか
教えてもらいます

方言がきつくて、聞き取りに難儀!!
なんとなく、心で繋がる感じ!!

どうやらこの季節から植えられるものは無いとのことで
畑を整えながら、春になる頃まで
何度も何度も根気よく、ボランティアがコミュニケーションを
取っていく事が必須なのだろうなぁと思いました

こういう作業は1度では終わらない
繋げていくことが、本当に大事

子供の遊び場が一切無いため、今後は遊具を置くプランもあるそう

カラフルな畑で皆さんが集い、傍らで子供達が遊んで
大人はお茶して…

不安や緊張もあるであろう仮設での生活に少しでも
明るい光を届けられるコミュニティ畑ができますように

余談…
この畑の土地の持ち主さんは
浜でラーメン屋を営まれています
この日のランチは、ラ~~~~メ~~~~~ン!!!!
ramenうますぎー!

あたたかい、出来立てラーメンの染みること染みること
みんな黙々と一気に食べていました!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。