乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻ボランティア② 説明会と事前準備
2011年12月26日 (月) | 編集 |
説明会は派遣次数ごとに分けて毎週行われているようです
ちいの時は幡ヶ谷のJICA東京の体育館を使って行われました

思ったより沢山の人が来ているなぁと言う印象
短期の人、インターナショナルの人、全部で100人位はいたのかなぁ?
日程を定めていない人も参加することはできます

現地の宿泊施設や作業内容などの概要を説明されたあと

「では周りの人と声を掛け合って5人のグループを作ってください。
男女比や年齢、経験の有無でバランスよく」
などとざっくり指示が

ちいと同じ日程を見込んでいる人が12人ほどいて
グッチョッパしたり年齢聞いたりして、ヌルっと班分け

地方からの参加もあるかもとのことで、4人ずつ、3つの班をつくりました

さらにその中からリーダーを決めて(一番年上の男性が引き受けてくださいました)
必要書類の記入、連絡先の交換などを行います

ちいのグループには一人だけリピーターの男性もいたのですが
基本、全員がはじめましてで要領も分からず、全てにおいてタドタドしく…

その後、セーフティレクチャーで2時間位と説明会は結構たっぷり

そこから出発までの1週間はリーダーが窓口となって
質問を取りまとめたり、ピースボートからの指示や情報を共有してくれます

作業に使う道具や作業着は現地でレンタルできるとの事でしたが
自分で持っていかないといけないものも多くて

・マイナス対応の寝袋、下にひくシート
・雨がっぱ
・新しいトレッキング靴(実際は必要なかった)
・ユニクロやアウトドアショップにて防寒グッズ、カイロ等も
・ウェットティッシュとか軍手とかの小物
・ボディシートなど洗面用具関係
・夕飯用のタッパーとか簡易食器、サランラップ
・電気の個人使用は禁止、電池式の携帯充電器

その他、朝食が出ないとの事でカロリーメイトとかおやつ
いろいろそろえていたら、結局数万の出費になってしまいましたぁ
1000円イエイって言ってる場合じゃなかったぁ

あとはボランティア保険に加入(必須事項です)し、準備完了

反対するかと思っていた夫も、案外すんなり受け入れてくれました

いざパッキングしてみたらかなりの大荷物になったこともあり
(大トランクひとつ、バックパック、ウェストポーチ大、全てパツパツ)
出発が近づくにつれ、私ほんとにやり切れるのかとブルーになりましたが
その時点で父や友人にもボランティアで留守の件を伝えていたので
いくいく詐欺になってはならない、という一心で金曜の夜を迎えました
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。