乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルの誤飲騒動
2010年10月20日 (水) | 編集 |
長くて汚い話です。汚物の呼称もめんどくさいのでそのままにしてます。
無理な方は読み飛ばしてね!



土曜(16日)に、マイケルが30cmほどの布製のヒモを食べたのである

猫というのは本当に好奇心が旺盛で、何でも口に入れてしまい
日々ウンチを観察していると
ダンボールの破片が出てきたり、ゴム片がでてきたりする

だから「あ、ヒモ食べた!」とは思ったのだが
またウンチででてくるんだろーと、特に気に留めずにいた

そしてコレが

この私の無知が

世にも恐ろしいナイトメアの始まりだった・・・

【誤飲から1日目】

食欲旺盛、ウンチも順調まじりっけなし
よって、ヒモ誤飲はほとんど忘れてた


【誤飲から2日目】

大概、ウンチ後は体が軽快になるのか狂ったように走り回るマイケル氏
(これを 「ウンチハイ」という)

しかしこの日のハイ状態は尋常でなく
しかも、通りすがりのマイケルはなんだか臭い

よく見ると、肛門からヒモが10cmほど垂れている!!!
これを振りほどきたいが為の全力疾走だったわけである

ようやく誤飲の件を思い出した私

なんとなく、引っ張るのは気が引けたので、とりあえずヒモに絡まる
ウンチを拭き取ろうとティッシュでヒモを押さえたら
瞬間的にマイケルが前進してしまった

よって肛門からあと5cm位、ヒモが出てきた

15cm…
記憶の中のヒモはこんな短くない
ということは、体内にはまだ半分のヒモが残っているのか…

ふと床に目をやると、ウンチの塊がひとつ落ちていた
ヒモに絡まってトイレでは落とし切れなかったのだろう

普段、絶対に粗相をしない出来の良いマイケルである

しかもヒモを引っこ抜かれたマイケルは
さっきまでのハイはどこへやら、テンションダダ下がりの様子で
その場にへたり込み、うらめしそうに私を見ている

ここでようやく
なんか、あんまし良くなかったのかもな~…と考えた

念のため、インターネットで「猫 ヒモ 誤飲」などと検索すると
出るわ出るわ

○猫の誤飲の中でもっとも危険なのは 紐状のもの

○10cm以上のものなら超緊急事態
 確実に食べたのなら即病院(夜間救急も視野)
 胃にある段階なら嘔吐剤で吐かせるか内視鏡で取り出せる

○肛門からヒモが出ていても決して引っ張ってはいけない
 腸がアコーディオンのように縮んでしまうと大変危険

○ヒモが絡まった腸はいずれ壊死し
 腸閉塞をおこして、最悪の場合死に至る

死に至るって…

気が遠くなった
「やってはいけない」ことを全てやっていたんだ…

さらに

「あんなに可愛がっていた愛猫がヒモを飲んだことを知らず
様子見してたらある日嘔吐を繰り返し
病院に行ったけど手遅れで、愛猫を死なせてしまった。
全て私の責任です。一生悔やんでも悔やみきれません。」

というような悲痛なブログにもヒットした
数日後の自分かと絶望感に襲われた

さらにさらに

「腸閉塞を起こしたら開腹手術。費用はおよそ25万」の体験談

ちょ、25万て獣医ドリトルじゃなくても??
あらゆる方向から二重にも三重にもパンチを喰らって
私は打ちのめされた

動物病院のサイトなどでは、術例として
リボンなど誤飲したネコの開腹の様子がアップされていた
ピンクの腸がむき出しになっている

あんなに小さいマイケルのお腹を切るなんてイヤ、イヤよ(TT)

常に活用しているQ&Aサイトには
同じ状況でお困りの質問者が沢山いるようだった

たいてい
「不注意な飼い主ですね」
「そんなこと質問してないでさっさと病院に行ったらどうですか」
と、ろくでなし扱いされているようだ

色々な情報を精査し、緊急事態ではあるが
すでに胃を通り過ぎてしまっていて吐かせることは出来ないし
とりあえず嘔吐も無く、ウンチも出ていて、食欲も旺盛なので
もう1日、様子を見ようと決めた

仕事も、どうしても、休めないし…

しかし心配で1時間ごとに目が覚め、ほとんど熟睡出来なかった


【誤飲から3日目】

今日は午後から出社である
午前中、私がいるうちにウンチをしてくれないかと思ったが
その気配はないようである

えさだけはモリモリ食べている

現在、自宅から一駅のところで働いている私

休み時間をフル活用し、仕事中にも家に戻ってきた
カップラーメンをすすりながらその時を待つも
ウンチはまだ出てこなかった
嫌がるマイケルをひっくり返して、腸を優しくマッサージする

上の空通り越して、ほとんど生ける屍状態で仕事に戻った

夜、ダッシュダッシュで、家に舞い戻った
マイケルはいつもと変わらない様子で玄関から外に飛び出そうとする

肛門からヒモは垂れていない様子である

真っ先にトイレチェックに行くと、砂がこんもり盛られている…

マイタン、ウンチしたんだね!!!!

興奮のなか洋服を脱ぎ捨て、ほぼ半裸のまま、割り箸とビニールを準備

食欲の秋を満喫しているマイケルは、ウンチも大量である
パッと見、ヒモはどこにも見えていない

出てないのか…
落胆しそうな自分を奮い立たせ、床に寝転んでウンチの分解をスタート
私は目が悪いので、かなり寄らないと細部を観察できないのだ

臭いを吸わないように鼻呼吸を止める
垂れてくる鼻水もそのままに、必死でウンチを切り開いていく

無い・・・ 無い・・・

遂に最後のかりんとうに着手する

すると、今までのウンチに比べて非常に硬い
この硬さは?

丁寧に解きほぐし、私は狂喜乱舞した

「マイタン、でてきたーーーーーーー!!!」

残りのヒモは、塊となってウンチに包まれていたのである
そのヒモに、再度飛びつこうとする当のマイケル氏

まったく懲りない><

シッシと追い払い、鼻水ダラダラ、口半開きでヒモを解く

結論からすると、残り15cmどころの騒ぎではなかった

30cmほどのヒモが2本も出てきたのだ

そぼろのような体で広がったウンチと、ヨレヨレのヒモを前に
安堵と喜びに包まれ、ひとり、むせび泣いた

急にお腹が空いてきて、パスタを150g位ゆでた
作ってから、「ヒモの後にパスタか…」と若干後悔したけれど
今夜は記念だ☆いいじゃないか★☆

心なしか、マイケルもピョンピョンしてる

しかし私達は本当に運が良かっただけなのだ
2度とこんな思いはしたくない、マイケルにもさせない!と
固く心に誓った

念のため、明日、病院には行ってみようと思う


こんなところまで読んでいただきありがとうございました
さあさあ、以下、出てきたヒモを公開しますよ!
見たくない人は下に行かないでね!







himo!
こわいよーーーーーーー!!!
マイタン、本当にごめんねぇぇぇぇTT
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
⇒しなの川さん
しなの川さんって、あのしなの川さんでしょうか…?
おひさしぶりー!
こんな記事上で再会もナンだよね、はは(汗)
じゃあネコは実際には1歳半位の知能なのかな~
たしかに前、そのくらいの友達の子がうちに遊びに来たとき
動きというか、興味を示す事柄がネコと一緒だな~って思ったんだよね!
人間とネコを一緒にするなって感じだけどね^^;
永遠の赤ちゃんと一緒に過ごしてると思って、飼い主が気をつけないといけないね~と勉強になったよ。
2010/10/30(土) 00:12:41 | URL | ちい #-[ 編集]
ドキドキしながら全て読み、そして写真もバッチリ見ましたよ~。
マイタン、ご無事で何よりでした!
ちぃもお疲れ様でした。


長女が0歳の頃、アンパンマンのシールを誤飲して大騒ぎしたのを思い出しました…(翌日オムツを開いたら、ウンチの上でアンパンマンがニッコリと微笑んでいて、無事解決)
ちなみに次女が今月2歳になりましたが、大概の子は1歳半くらいになると、もう口に物は入れないものですよ☆ よっぽど食べ物に似てるオモチャとかは別だけどね。

2010/10/28(木) 20:05:37 | URL | しなの川 #-[ 編集]
⇒mimiさん
写真まで見ていただきましたか!
失礼しました~~~
ネコって人間で言うと2歳児位の知能らしいんですよね。
何でも口に入れたがるのが、永遠に続くんでしょう…
私が徹底的に気をつけないといけないなと思います。
2010/10/23(土) 23:34:20 | URL | ちい #-[ 編集]
⇒まきこ
長ったらしいドキュメントにお付き合いいただきありがとう!
ビニールの誤飲(誤食?)もすごく多いってね。
飼い主が気をつけていれば防げることなんだけど
それだけに何かあったらもう…私は生きてイケナイワ…
でも、今度、マロンのウンチを解剖してみて。
結構面白い。私はこの一件以来、癖になってるよ(笑)
毛玉とかどっさり出てくる!
2010/10/23(土) 23:27:18 | URL | ちい #-[ 編集]
スルーしようと思いつつ、、、
怖いもの見たさで最後まで読んでしまった。^^;
そして最後の写真まで。。。笑

しかしマイタン無事で何より!!
猫ちゃんも誤飲って怖いんだねぇぇ
知らなかった><;
2010/10/21(木) 16:07:15 | URL | mimi #-[ 編集]
無事で!!!
マイケル、無事でよかったね~!!!!!

いやぁ~。ドキドキしながら読んだよ。ブログにUPしてるってことは、無事だったんだろうとは思いながらだけど。
死に至るとか、ほんと気が気がじゃないもんね(><)

うちも、マロンは何かとビニールをぺろぺろ舐めるから、気になってて、私もちょうど昨日ネット検索したとこだったんだけど、「猫の習性」とか書いてあるものの、「そのまま食べてしまう猫もいる」とかあったりして、その場合はすごい危険とか書いてあるのを読んでたから、なんか他人事じゃない気分だったよーー。

ほんと、なんでも口に入れようとするから心配だよね。
これからは気をつけてあげてね!!!
2010/10/20(水) 13:17:19 | URL | まきこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。