乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年5月9日
2009年05月31日 (日) | 編集 |
なにかのお導きか?

なぜか眠れずに過ごしていた土曜の夜…
テレビをつけたら『余命1ヶ月の花嫁』のドキュメンタリーの再放送…
不思議だぁね~

というわけで、ココのところちょっと考えていたことを書いてみようかな。


2009年5月9日、若年性乳がん界は動きが激しかったようです。

ひとつは、『おっぱいの詩』の、大原まゆちゃんの訃報。
ひとつは、映画『余命1ヶ月の花嫁』の公開。
そして、一応、ちいの結婚式(おこがましくも、スミマセン…)

まず、まゆちゃんについて。

ちいが術前のケモを開始して自宅療養してた頃
暇を持て余して、よく近所の本屋で時間を潰していました。
そのとき、平積みされていたのが、彼女の『おっぱいの詩』でした。
迷わず買って帰りました。

統計上0%のはずの、21歳で乳がんになったまゆちゃん。
彼女の文章は軽妙で、正直で、無駄にポジティブ過ぎることもなく
すごく、好きでした。とても、共感できました。

彼女のブログもよく読んでいたし
平山あやさん主演で映画化されたときも、真っ先に、今の夫と
観に行きました。

自分がHPを立ち上げたときは、図々しくもまゆちゃんの掲示板に
営業しに行き、リンクをお願いしました。
まゆちゃんは、急な新参者の営業に、優しい返信をくれ
相互リンクを張ってくれました。

その後、私も治療がひと段落し、病気がらみの検索をしなくなってきました。
が、あるとき「まゆさんは転移治療をしているらしい」と戦友から聞いたのです。

急いで調べてみたら、色々なことが分かりました。

卵巣がんのお母さんは、亡くなってしまっていたこと
映画のスタッフの方と結婚して、東京に住んでいるらしいこと
映画化の頃は既に再発があったこと etc

新しく知る事実に驚愕しつつ
それ以来、陰ながら、ずっと応援していたから…
亡くなったと知ったときは、とてもショックでした。

年下とは思えないほどしっかり者、それにおしゃれで可愛い。
つらい事がとても多かったはずなのに
最後までどこか、さわやかな余韻を残してくれた女の子でした。

心から、ありがとう、と伝えたいです。


そして『余命1ヶ月の花嫁』について。
映画は、大ヒットのようです。

主人公が亡くなると分かっている映画は、ちい個人は趣味でないので
観に行くことはないと思われ。

なんか、T●Sやり過ぎとか、彼女自身の過去のこととか
お金どうなってんじゃい、とか、いろいろ言われてしまっているようですが
あまり、その議論に乗る気は起こらないかな…
(あ、誰も乗れなんて言ってなかった^^;)

でも、記事によると20代30代の女性が主に劇場に
足を運んでいるとのこと。

感想は瑛太カッコイー!でも何でもいいんだけど
それに終わることのないように…少しでも自分の問題として捉えたりとか
一度検査行ってみようかな?と考えるきっかけになれば
意味のある映画なのでは、と思います。

これを書きながらドキュメンタリーを見ていたけど(もう3度目か)
そこにある真実はやっぱり訴える力があります。
なんだかんだいっても、あれだけ公に出るって、勇気のいることだと思う。


若い2人は、残念ながら、亡くなってしまいました。
では私はどうなるんだろう?と思わないでもありません。
でも先のことは誰にも分からないしね。
きちんとメンテナンスしながら、『余命50年の花嫁』めざして
毎日生きていくしかできないね~。

空が明るくなって参りました~。
寝ないとおかしくなってしまいますね。おやすみなさい!


クリックもお願いします♪



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
⇒mimiさん
ほんとにね…21歳の乳がんというのも、あるんですよね。
だけどね、若年性だから、特につらいってことではやっぱりないと思うんですよね。
私なんかからすると、小さいお子さんとか、守るべきものがある方たちの方が、使命感からくる精神的なつらさって大きいと思うんですよ。
私は病気になったとき、まあ親より先に死ぬのはマズイとは思いましたが、そこに絶対的に守るべきものはなく、自分のことに集中できたので、気楽だったですよ。
みな、悩みは違えどそれぞれの立場で戦ってるんですよね!
私の花嫁姿…直前に思いっきり日焼けしてしまい、日焼け跡くっきり、色黒の花嫁でした。。。はは~^^;
2009/06/03(水) 22:41:36 | URL | ちい #-[ 編集]
⇒ogucoさん
はじめまして、コメント有難うございます。
いつもサイトとブログをお読みいただいているとのこと
本当にありがとうございます☆
1億人いれば、5/9にさまざまなことが訪れるのは当たり前のことだと思いますが、知っている範囲でこれだけ・・・というのは珍しいと思い、記事にしてみました。
私もそろそろ病院にいって、検診しないと!
2009/06/03(水) 22:33:25 | URL | ちい #-[ 編集]
運命的。
まゆさんの存在は知りませんでした。
21歳で発病なんて、、、若すぎるね。
ちいちゃん達若年性の方々は人生まだまだこれから!!!って時なので本当に精神的にもご苦労が多いと思います。まゆさんのご冥福をお祈りいたします。

映画はの封切とちいちゃんの結婚式が同じ日なのは私も気がつきました!
なんだか番宣のウェディング姿がちいちゃんと重なったよ♪ (余命一ヶ月というのは重なりませんが。。。)ちいちゃんもこんなに可愛いだろうなと一人ニヤニヤと想像してました。

2009/06/03(水) 12:38:02 | URL | mimi #-[ 編集]
はじめてコメントします
ちいさん、こんにちは。
わたしは、5月9日の前日である8日にちいさんと同じ病院で手術をしました。
blogとサイトずっと読ませてもらっていました。

1日違いではありますが、なんとなく思うことがありコメントせずにはいられませんでした。
2009/06/01(月) 04:19:32 | URL | oguco #dqd.1ZQA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。