乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えびでんす
2007年02月14日 (水) | 編集 |
乳がん治療には、いろ~んな選択肢があるのですが
患者毎に「標準治療」というのが存在します。
エビデンス(科学的根拠・要は統計)に基づいて判断されます。

ちいは今、術後補助療法の選択を迫られています!
またちょっとジャックバウアー状態になりつつある今日この頃。

私の手術における標準はそもそも
「全摘+放射線」です。

ずっと「全摘」(ちいのおこなった皮下乳腺全摘もこっちにいれとく)
か「温存+放射線」の2択だと思っていたので
この情報は手術前の私の心を大きく揺らしました。

まあとにかく
エビデンスに基づくと
これから放射線を選ぶのがベストなんです。

でも、インプラントによる同時再建を選んだ時点で
放射線をあてない、という覚悟を決めたようなもんです。

インプラントを取らなきゃいけない可能性が極めて高いから。
残せたとしても、放射線で皮膚が固くなり
いまキレイに再建されたこの外観は失われてしまうから。

さらに、結局精査していたHER2もマイナスでした。
ホルモン療法・ハーセプチンの道が絶たれました。

残された道は「エビデンス無き化学療法」か「無治療」。

まーよーうーーーー
まーよーうーーーー

先生とよく相談しながら、慎重に決めていかないといけません。
しばらくちいの迷走は続きます。
お付き合いください。

クリックもお願いします♪




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
yukiminさんへ
こんにちは!
そうなんです~がん治療はむずかしいですね。。。
ここからは、この先何が起こっても
今の決断を後悔せずに受け入れられるように
強い決意を持たないといけないようです。
応援ありがとうございます!
2007/02/15(木) 21:57:38 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんl、こんにちは。
難しい問題に直面しているのですね。
何を選ぶのかの助言は出来ませんが、くれぐれも後悔の無いようにしてね、応援してます!
2007/02/15(木) 14:17:06 | URL | yukimin #-[ 編集]
Kへ
いやいや、体はめちゃ元気!
なので来週も問題ナスィング。楽しみにしてるよ。
ただ、今後の治療で何を選択するか、私のがんのタイプだと
放射線以外には確固たるエビデンスがない状況なので、
迷走しているんであります。
応援ありがとう☆
2007/02/15(木) 12:46:31 | URL | ちい #-[ 編集]
う~む
なにやら難しい話になってきた・・・
最近ちょっと体しんどいのかな?
来週は楽しみにしてるけど、無理しないでね。

ちょっと難しくて理解できないまま言うのもなんだけど、ちぃが納得いくまで先生と話して、最良の治療をしてね。
2007/02/15(木) 12:30:53 | URL | K #-[ 編集]
ちゃこさん
がんの治療って本当にむずかしいね。
なにかを省いて再発したら「あの時やっていたら…」だし、治療しても結局再発する人はいるわけでね。
ちゃこさんの場合も、2年半前の治療が今回の再発に影響しているかいないかは神のみぞ知るだもんねぇ。
割り切れないことばっかりだね!
割り切れない中でも、どうにか自分の中で落とし前つけられるようにロードオブザ術後補助療法頑張ります。
2007/02/15(木) 01:25:33 | URL | ちい #-[ 編集]
うきふねさん
うきふねさん、力強いコメントありがとうございます。
食塩水とシリコンでは放射線への反応が違う事ないと
思うので、仮に私が放射線してもきれいに残ってくれる
可能性もあるということですね(ちなみに皮膚はとても
強いほうだと思います^^)
次の外来まで、その可能性も含めじっくり考えます。
現場からの貴重なアドバイス感謝いたします。

2007/02/15(木) 01:19:44 | URL | ちい #-[ 編集]
そっか…
術後の治療いろいろ考えちゃうね。せっかく髪生えてきてるのにまた化学療法はいやだと思うし、かといって無治療っていうのもこわいよね。
私の場合なんだけど、はじめの手術の時はすごく早期で胸も温存で残せて、その後の治療もごく弱いホルモン療法でOKと言われたので、それにしたがったまま、楽な生活をしていたら…2年半後に再発しちゃったんだよね。あの時、放射線や化学療法してたら…って今更思ったりもしてるけど、その時の自分の決断だから、仕方ないなって思っています。
いずれにせよ、ちいさんの後悔のない(といっても難しいけど)道を選択できたらいいなって思います。
2007/02/14(水) 22:16:05 | URL | ちゃこ #-[ 編集]
わたしの主宰する患者会に参加してくださる方で、皮下乳腺全摘同時にエキスパンダー挿入、生理食塩水バックによる再建の後、放射線治療をされた方がいます
もともと皮膚が弱い方なので、放射線による火傷のような状態になりましたが
治療の甲斐あって今はとてもきれいです
エビデンスがあるなら放射線に挑戦されてはいかがでしょうか?
自家組織で同時再建された方でも、放射線をかける人は多いです
命が何より優先だと思います




2007/02/14(水) 22:15:05 | URL | うきふね #-[ 編集]
よつばさんへ
先生と話しているときはもう一度化学療法やっとくか!と強気に思っていたのですが、ひとりになって冷静に考えると、せっかく終わったのになぁ…髪もはえてきたのになぁ…と珍しく少々ガックリきてしまったんです^^;
次の外来までまだ時間があるので、ひとしきり考えたいと思っています。
応援ありがとうございますm(_ _)m
2007/02/14(水) 21:04:45 | URL | ちい #-[ 編集]
こういう難しい問題に口をはさめるものでもないですが、
先生達とよく相談して、よい方法を見つけてくださいね。

ちいさんも、迷って迷って考えたら、絶対によい道が
見えてくると思います。

これからもファイト!…です。
2007/02/14(水) 17:44:16 | URL | よつば #s.Y3apRk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。