乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから11年
2008年01月16日 (水) | 編集 |
本日1月16日は
卵巣がんからの転移で亡くなった
ちいのマミーの11回目の命日。

週末、まえの地元に戻っていたのは
お墓参りをするためだったんです☆

mama_meiniti写真の腕悪すぎ…オレンジのバラ!



マミーは亡くなる前の1週間
意識が混濁して口をきけなくなりました。
物事が分かっているのかいないのか
声が聞こえているのかいないのか
家族にも医者にも分からないような状況。

ちいは当時、大学受験を間近に控えていました。

今思えば
勉強なんか全て放り出して看病に専念し
母との時間を思う存分取れていたら…なんて
胸がキュ~っと切なくなることもありますが

そもそも勉強嫌いの私が
母のことを引きずったまま
浪人生として1年過ごす事など到底できっこないと思い
どこでも良いから進路を決めたいという自分自身の判断でした。



あれは亡くなる3日位前だったかな。

昼間は父も姉も仕事なので
病室にちいとマミーの二人きり。

ちいは夕方から塾に行くか
このまま病院で母の傍にいるか悩んでいました。

一旦は、塾を休むことを決めたのですが
優柔不断な私はその事にも割り切れなさを感じてしまい

背を向けて寝ているマミーに向かって
「ママ、やっぱり今日、塾に行ってこようと思うけどいい?」
と聞きました。

そしたらですね。

ほとんど反応を示せなくなっていたマミーが

「フンッ!」と声を出して
クルッとこちらに向きなおしたのです。

まるで
「当たり前でしょ、行ってきなさい!」ってな感じで。

驚きました。
そしてこの人はこの期に及んでもなお
私のことが心配なんだな、と思いました。

自分のせいで私の受験勉強に影響が出ることを
普段からとても気にしていたから。

床ずれの腰を軽くマッサージしてあげたら
「その右手でお勉強しないといけないのにごめんね」
と言われた事もある位。

まあとにかくいろんな意味で切羽詰った状況でしたので
泣きながら電車に乗って
塾に行って
授業は一応受けましたが上の空の放心状態。

なんだか要領の悪い娘でありました。



その後
おかげさまで
大したところじゃありませんが
大学に無事合格。

マミーに直接、合格を知らせることはできなかったけれど
ホッと胸を撫で下ろしてくれたのではないかと勝手に思っています。

私自身にとっても、大学に入学し
強制的に環境が変わったことは
いい気分転換になりました。



二日連続で
なんだかとりとめの無いおもひで話になってしまいすみません!

ちいさんちょっとおセンチなのね、ということで
お許しくださいませネー!!


クリックもお願いします♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
マミコちゃんへ
ありがとう^^
そうそう、このバラ結構かわいかったよ!
少し、アンティークな感じもして。
黄色、確かに母も好きだった!
元気の出る色だよね♪
昔のことは、考え出すとキリがないときもあるけど
11年経ってようやく落ち着いた気がするよ。
なにより、お墓参りは気持ちが良いから大好きだよ~!
2008/01/19(土) 12:18:45 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいちゃん、こんばんは。
ママが旅立たれて11年なのね。
オレンジのバラ、とても綺麗だね(^^)
黄色好きはママ譲りなのかな?
病床でもきっとママはちいちゃんのことが気になってたんだろうねー。
命日に綺麗なお花を持って、元気な姿を見せるのが一番の親孝行だね!!
2008/01/18(金) 23:18:28 | URL | マミコ #-[ 編集]
のりへ
だいじょうぶだよ!
全然上からコメントじゃないよ(笑)

本当にあっという間だよね。
みんないろいろあったけれど。
後悔することもたくさんあるんだけど、振り返っていても仕方ないから、前向いて生きていくしかないね。
のりにはあの頃と変わらず話をきいてもらったりして、嬉しく思っているし感謝してます!
私、全然自分じゃママと似てないと思うんだけど、人に言わせると生き写しとか^^;
あ、まきこ母に続き、のり母にもよろしく伝えてー(笑)
2008/01/18(金) 21:18:20 | URL | ちい #-[ 編集]
りんごJAMさんへ
そうなんですよね、病気になったって自分のことはさておき、なんですよ。
それに引き換え、子供の勝手なこと><
私がそれに気付いたのは、すごく遅かったんだぁ。
だから後悔がとっても大きいけれど、時間は戻せないので、前を向いてこれからを生きていくしかないんですよね。
まあ今頃、エアーお尻ペンペンしてるでしょうね!
がんばりまーす!
2008/01/18(金) 21:12:34 | URL | ちい #-[ 編集]
ふくろうさんへ
ちょっとおセンチ記事が2回続きました><
ふくろうさんには守るべきチビちゃんがいるんですね。
そのこと思うと、病気のことも大変だけれど
頑張らないとって力にもなりますよね!きっと…。
そんな姿には私の方こそ勇気いただいてます。
2008/01/18(金) 21:07:42 | URL | ちい #-[ 編集]
まきこへ
いやいや、私にとってもあっという間だったよ。
けど振り返るとなかなか激しい11年だったわ…。
いつも話を聞いてもらったりして感謝してます。
私も少しは大人になったかな??
自分でも普通に会社で働けるとは思っていなかったよ!(ゆるい会社でよかった…)
まきこのお母さんによろしく言っといて(笑)
これからまた新しい生活を始める(予定・そして未定^^;)けど、遅れを取り戻せるように頑張らないと。
楽しい時間、デトックスの時間をシーガルと一緒に過ごす、これ重要だから、なにとぞよろしくね♪
2008/01/18(金) 21:02:33 | URL | ちい #-[ 編集]
ママの気持ち
こんばんわ☆
私は親になったことないから
想像でしかわからないけど
親ってどんなときも、どんなに自分が苦しくても
子供を応援する気持ちがあるのかなぁと
思います。ちいちゃんもそんなママの気持ちを
察したとしても、苦しかったよね、頑張った!と思うよ~;_;

また今もちいマミーは天国から
ちいちゃんに“喝っ”って激励してるかもね^^
ママに朗報持っていけるようファイト!
2008/01/18(金) 17:38:22 | URL | りんごJAM #pXrDCjo.[ 編集]
なんだかあっという間の11年間だった気がするね…。
確かに色々心配もかけたあの当時だけど(笑)、
中途半端な事が嫌いなちいらしく、ママの病と向き合って看病をして、
ちいの想いはママに充分伝わっていたと思うよ。

歳を重ねるごとに、美人だったママにますます似て来ているちいの姿を見て、
天国のママは喜んでいるでしょう
2008/01/18(金) 17:00:27 | URL | のり #-[ 編集]
そうでしたか。。
こんばんは~。今年もよろしくおねがいしますです。
どんと焼き、お母様の事、じ~んとなって、なんといっていいのか。。 でもお母様のお気持ちを想わずにいれません。ふくろうにはチビがいます。
10年で、、一応。。なんて言われてもチビを想えば
全然です。でもちいさんからいつも勇気を頂いています。。ありがとう。。
2008/01/18(金) 00:30:48 | URL | ふくろう #-[ 編集]
あれから
もう11年も経つんだね~。

あっという間な気もするけど、ちぃにとっては長く感じる時間もいっぱいあったんだろうね。

それこそ、幼かった(?)私たちは、自分のことで精一杯だったりもして、あんまりたいしたことできなかったことが悔やまれるけど、でもちぃがちゃんと頑張ってきたことはかなり近くで見てきた気がするよ☆

まぁ、あの時のちぃは、誰でもきっと心配するよねi-229。うちの母ですら(そしてNoriの母もだね)心配してたから(笑)。ちゃんと会社に毎日朝起きていくちぃとか、見せてあげたいよねi-184i-278

でもきっとちぃのママは、今でもちぃのこと見守ってくれているよi-175
頑張って毎日楽しんで生きましょ~。
2008/01/17(木) 23:51:40 | URL | まきこ #-[ 編集]
くまくまさんへ
くまくまさんありがとう☆
なんかあの頃は本当にまだ子供で、
物事の優先順位がうまくつけられなかったことを
反省してます。
親はそれで怒ったり、悲しんだりすることはないんでしょうけどね。
今はそうですねー、就職状況をはらはらしながら見守っているかもしれませんね!!
2008/01/17(木) 22:49:45 | URL | ちい #-[ 編集]
mimiさんへ
mimiさんv-421ありがとうございます!
素敵な女性かどうかはともかく、嬉しいです♪
マミー、私に心強い仲間がたくさんいること
心強く思っているだろうな~^^
mimiさんのお母さんのような突然の…っていうのも、家族は本当に大変だと思います。
数年前、私の同級生のお母さんがやっぱり同じような状況だったんですけれど突然のショックは計り知れないものがありました。
時の流れが解決してくれるものも大きいですけどね^^
安心してもらえるような生き方せんといけないですね。
2008/01/17(木) 22:47:16 | URL | ちい #-[ 編集]
天国から
こんにちはー(^o^)
大学受験の大変な時に、お母様を亡くされていたのですね。
お辛かったここと思います。
きっと、天国からちいさんのこと今もずっと見守っくれていると思います。
そして、ちいさん就職活動も、応援してくれているでしょうね(*^^)v
2008/01/17(木) 12:10:51 | URL | くまくま #-[ 編集]
安らかに・・・
ちいちゃんのママへ
ちいちゃんは立派に素敵な女性に成長してますよ。
なので安かにそちらでお過ごしください。

って私からもちゃんとv-421しておきます!

うちの母とは違った状況だけど身内の死。
それも母親との別れはとても切なく辛いですよね。
それも多感な年頃に・・・・ちいちゃんはしっかりと乗り越えてちゃんとマミーの意思をわかってあげられる
立派な娘さんだよ。
マミーは絶対天国で笑顔でちいちゃんを見守ってるよ。
2008/01/17(木) 07:03:54 | URL | mimi #-[ 編集]
ほっこさんへ
ほっこさんのお父さんの月命日も16日なんですね。
本当、多分どれだけ力を尽くしても、ああすればよかったこうすれば…って思ってしまうものなのでしょうかね。
私も亡くなってから数年は後悔の念に苦しみました。
11年経ってやっと少し、落ち着いた感じです。
看病も勉強も中途半端でしたが、せめて現役で大学に入れてよかったです…。
これで全滅ではそれこそママに合わせる顔が><
うちの家族は普段はフリーダムでバラバラですけど
マミーの行事ではきちんとまとまります^^
2008/01/16(水) 23:29:10 | URL | ちい #-[ 編集]
ちゃこさんへ
11年、本当にあっという間のような、長いような。
不思議な感じです。
私が一番フラフラしていた時なので、母の心配は尽きなかったと思います。
だから混濁した意識の中で、「塾に行く」にはもの凄い反応しちゃったんじゃないかなぁと。
ダメムスメでしたけど、せめて受験全滅しなくてよかったです。。。
見守ってくれていたんじゃないかと思います。
2008/01/16(水) 23:25:26 | URL | ちい #-[ 編集]
まみさんへ
おセンチちいです^^
二日連続で湿っぽくなってしまい恐縮です!!
確かに多感な時期といえばそうで、特に私の場合遅く来た反抗期、そして思春期の真っ只中で><
自分が何をすべきか整理できずにいろんなことを中途半端にやっていました。
マミーにはほんとに申し訳なかったけれど、あの経験が大人の階段のぼる第一歩だった気がします。
寝返りはビックリですよ!でも目撃者がいなくて
父には「偶然だ」とか言われるんですけどね。
あんなタイミングありえないですから!
2008/01/16(水) 23:22:22 | URL | ちい #-[ 編集]
マナティさんへ
マナティさんも随分小さい時にお父さんを亡くしてるんですね。人にはわからない大変なことがたくさんあったことと思います…。
パパさんの言葉ぐっと来ますね。
親ってそういうもんなんですよね~、まったく、せつない!!
私も母が亡くなって何年も、自分は何もできなかったという後悔に苦しみました。
もしかして悲しみよりもそっちの感情の方が大きかったんじゃないかと思うくらい。
11年という時の流れの中で、自分も病気になったりして、最近は少し落ち着いて考えられるようになりましたけれどね。
ホント、私たちが元気に前向きに生きることが親への恩返しなんでしょうね!
2008/01/16(水) 23:16:20 | URL | ちい #-[ 編集]
シロクマさんへ
がらになくおセンチ気取ってみましたぁ^^;
たまにはこんな日もあるかな?!
私は遅く来た思春期の中でママを亡くしたので、今も昔も後悔だらけ。
それが転じて基本的にマザコンなんですよね。
なので、それはもうしょっちゅうママのことを思い出します。
時の流れに順応して、いないことを寂しく思ったりすることはあまりないんですけれどね。
こんな感じのマッタリ感が、これからずっと続くんだろうなぁ。これは宿命ですね!
2008/01/16(水) 23:10:57 | URL | ちい #-[ 編集]
サニーさんへ
いえいえ、こちらこそなんだか湿っぽくなってしまったのにコメントありがとうございます☆
あとから思うと、こうすればよかったってことだらけなんですけどね…
多分どれだけ力を尽くしても、この手の後悔って残ってしまうのが
病気の家族をもつものの心理なのかも知れません。
立派に成長できているかはかなり謎ですが(笑)
少なくともあの時の経験は今の自分をつくるベースになっているんだろうなぁとは感じますね。
2008/01/16(水) 23:04:37 | URL | ちい #-[ 編集]
マミーが守っているよ。
読んでて、親父が他界した頃を思い出しちゃった。
16日は月命日なのよ。
親の思い出って亡くなった後に、あの時って思える事多いね(T_T)

ちいさん、お母さんは大学無事入ってくれて
凄く安心したと思うよ。
家族みんなで薔薇持ってお墓参り
素敵な家族ですね。

2008/01/16(水) 22:48:30 | URL | ほっこ君 #ysWXFr3k[ 編集]
お母様が亡くなられて11年にもなるんだね。
ちいちゃんのお母様、ずーっとちいちゃんのことが気にかかってたんだろうね。
病床で意識混濁としたお母様、ちいちゃんの言葉がちゃんと聞こえてたんだろうな。
大学合格はお母様のお陰でもあるのかな?
今でもずーっと見守ってくれているんだろうね。
2008/01/16(水) 22:30:59 | URL | ちゃこ #-[ 編集]
オセンチちいさま
そっかぁ、お母様の命日だったのですねぇ。
前の記事で三人で前の町に戻ってって書いてあったので、
お母様の関係なのかなぁ、と思っておりました。
多感でなときにお母様がご病気だったのですね。
ちいさんのお母様、聞こえてても聞こえてなくても
ちいさんのこと一生懸命に思っていたから「行きなさい」
って気持ちが”寝返り”になったのかなぁ、って思います。
素敵なパパママ&お姉さまですね。
二日連続のちょっと泣けるちいさん感動シアターでした。
2008/01/16(水) 22:27:29 | URL | まみ #-[ 編集]
涙々...
んもう、泣かせますねー。
私も23年前に父を亡くしてるので、ものすごーく共感しました!!
私も父の病室でテスト勉強してた時、ライトをつけずに勉強してたら、
(熱くなるのでライトを嫌がると母から聞いていたので)
「目が悪くなる、ライトつけなさい」と言ってくれたのを思い出します...
こんなに愛情を注いでくれたのに、私は何もできなかったって今でも思います。
でも(つきなみですが)私が元気に生きることが恩返し?と思うことにしましたー。
ちいさんのママへの想いはちゃんとママに届いてると思いますっ!!
2008/01/16(水) 21:48:30 | URL | マナティ #-[ 編集]
そうかあ、今日がママのご命日なのね。
週末は3人揃ってのお墓参りで、ママもきっと喜んでくれたね☆
そしてこうやってちいちゃんがママとの思い出を思い出すことが、
ママにとってはまた嬉しいことなんじゃないかなあ。
自分のことを思い出してくれる人がいるって、嬉しいもんね。
中でも愛しの娘が思い出してくれるんだから、最高よ~。
時にはしんみり、おセンチなのもいいもんよね。
2008/01/16(水) 21:09:04 | URL | シロクマ #3ZRRLaGk[ 編集]
昨日のちいさんの子供の頃のお話に続き、今日のママのお話も感動しました。受験生という大変な時にママは闘病生活を送っていたんですね。
私はこの歳になっても、親に頼ってばかりで両親がいて当たり前の生活をしてるんですが、家族には感謝しなきゃいけないなと思いました。
ママもちいさんが立派に成長してくれて喜んでると思いますよ~(^o^)2日連続でいいお話ありがとうございました(*^_^*)
2008/01/16(水) 18:54:50 | URL | サニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。