乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセ乳のおかげ
2007年12月30日 (日) | 編集 |
今日は
半年振りの外科の定期診察。

ハーセプチン投与(こちらは内科)に夢中になっていて(?)
ほんとは3ヶ月で行かないといけなかったのに
すっかり忘れてしまっていた私。

年内最後の診察日に無理やり入れてもらいました。

まあでもそれだけ
再建乳も健康乳も
特に気になることは無いってことで。

両乳をササッとエコーしてもらって
やっぱり何も問題ないとのこと。

よしよし。


ちいは1月11日で本丸オペから丸1年。

来年のうちに傷を縫い直してもらおうかなと思っているので
その相談をしてきました。

私は皮膚浸潤があった為にその部分を木の葉状に切除して
皮膚移植なしで縫合してあるので
どうしても引っ張り合って少し太い傷になってしまっているのです。

先生いわく
1年過ぎたら、いつでもいいとのこと。
局麻で簡単にできるそうです。

しかし、値段がね^^;
安くはないので。
ええ高いので。

それと
その処置に伴って通院が増えると
新しい職場での仕事に影響があるので
時期を見計らって行きたいと思っています。


新しい職場といえば
かりに入社前健康診断等があったら
胸部レントゲンには再建側のインプラントは写るのか?
ってことも聞いてみました。

まあ、入社決まってないんですけど。
一応ね。

レントゲンには、どうしても白くボンヤリ写ってしまうようです。

で、先生と作戦を練った結果

「生まれつき左右の大きさが違ったので
豊胸してインプラントが入っています」

ということにしました。

くるしーー(笑)

まあ突っ込まれないとは思うけどね、とのこと。



2007年
病巣が大きかった私は
ホンモノのお乳は失わざるを得なかった。

でも同時再建という術式に出会い
新しいお乳を手に入れることができた。

着る服を選ばず
水着にもなれるし
温泉にも堂々と行けた。

長い化学療法やそれに伴う副作用の中で
このことがどれだけ私を救ってくれたのかな、と思います。

実際には喪失感自体も味わっていないので
そのありがたみのほんのちょっとしか実感できていないのかもしれません。

しかしよくよく考えたら
普通の生活を送れていることは
ほんとはものすごいミラコーなのかも…。

治療に明け暮れた1年だったけれど
そんなミラコーに出会えたことは
人生における貴重な経験だし

なんだか回りまわって
とても幸せなことにさえ思えてきます。

病院を出るとき、感慨深いものがありました。

先生も
「来年はもっといい年になりますよ」
と言って下さいました。

たくさんの人に支えてもらった今年

来年は自分の力で幸せ掴み取るどー!



クリックもお願いします♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ちぃちゃんさんへ
なるほど~ポートですね。
病院によっては術後にフック?みたいのを
入れておくところもあるみたいで
それもばっちり映るみたいですね。
既往歴は書かれちゃいますよね、そうですよね…
虚偽申告になってしまうし。
だけどまあ、直接職場のひとにばれなければいいわけだからあまり神経質にならなくても良さそうですね!
2008/01/01(火) 23:13:18 | URL | ちい #-[ 編集]
そうなんだ~@@
インプラントもレントゲンに写るんだね。
私の場合はまだ再建途中で生食バックが入っていて、そこに生食を注入するためのポートがレントゲンにしっかりと写っちゃうんです。
既往歴はね、診断書に既往歴欄があると、乳がんって記入されるよ。
問診のときに乳がんで手術しました、って言ったら、健康診断書にしっかり書かれてましたもん。
その診断書をそのまま、派遣会社に提出したけど、何も言われないわ( ̄▽ ̄;)
2007/12/31(月) 13:15:43 | URL | ちぃちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/31(月) 01:03:33 | | #[ 編集]
OPALさんへ②
本読んでくださったんですね!
ご報告ありがとうございます。
そうなんですよ、なんだかカラっとした本でしょう??
ご本人も声が高くて、目がキラキラで。
私も別に先生に専門的な精神面のケアを受けたわけではないのですが
なんだか落ち着いちゃうんですよ、あのテンションに接すると…。

2007/12/30(日) 23:44:09 | URL | ちい #-[ 編集]
シロクマさんへ
そうそう、まんまるーく「インプラントです!」ってよりは
白く影が出るらしいですよ。不思議ですよね。
素人さんが見たら逆にビックリされそう。
健康診断、既往歴、そして3週ごとの半休、と
なかなかいろいろあって、新年もグルグルしそうな気配満点ですがマイペースにやっていきますわ^^;
インプラントはカルテのゴニョゴニョしてるところもあるかもだし、生理食塩水だったらOKなの?とか聞いたこともあるけれど、どうであれ大手を振って保険適応では無いと思います。
話題にも上がりませんからねぇ、そんなお話は夢のまた夢のような気もします…。
高い買い物になってしまうのが現状なんでしょう。
私は全然そう思わないけど、この術式を過激派とみなす人も未だにいるみたいだし。
今日も例のトラのことも含めいろいろ話してきたんですけど、医療界、いろいろあるなー!って思いました!(意味深ですね?!また今度お会いした時話聞いてください!)
2007/12/30(日) 23:31:28 | URL | ちい #-[ 編集]
OPALさんへ
私ははじめての転職なので(だからまだ何も決まっちゃいないのですが^^;)健康診断だとか既往歴ってどう扱われるのか分からなくて。
そうか、そんなに気にすることでも無さそうなのかな。そのことで内定取り消しとか、それこそできないだろうしねぇ。
でも、だったら、敢えて言う必要ないよなぁ…とか
またモンモンと(笑)
苦し紛れの言い訳も用意できているし、その時のフィーリングで乗り切ることとします^^
あそこの再建って、ほんとにサラッと終わるし
先生のあのキャラもあって
「え?こんなもの?ガンの手術ってこんなものなの?」って感じですよね。
このドライな感覚に慣れてしまったけれど、実はもの凄い恩恵を受けているのでは、と今日改めて思いました。感謝感謝。
マンモ、私も来年一度受けるように言われた…
いやだよーTT

2007/12/30(日) 23:17:52 | URL | ちい #-[ 編集]
南さんへ
高かったです!びっくり~。
当然保険はききません。
全然材料費位じゃありませんでした(笑)
いや、笑えないです。
たぶんその
>1cmン万円 の感じの金額です。
そういう算出法ではないと思うけど、私の傷の長さだとちょうど合うなぁって。
確かに、汗かくときにお風呂に気遣ったりとか面倒だし
傷の治りもお肌がドライな状態の方が良さそうですね。
来年の秋以降かなぁ~?その頃にはきちんと定期収入もあり、ちょっとくらい強気にお休みもできてるようになっていることを願いつつ^*^
2007/12/30(日) 23:06:32 | URL | ちい #-[ 編集]
インプラントが白くボンヤリとしか写らないということに、むしろ驚きを覚えてしまった。
新しい会社に入るってことは、必ず健康診断があるってことだったわねー。
そうかそうか、何かといろいろあるわね。。。
同時再建っていう術式をとることで気持ち的に救われる人は、きっとたくさんいるよね。
今もまだ、人工物入れると保険効かないのかな??
あまり自己負担大きくなくできるようになって欲しいよね~。
もうあと1日ちょっとで来年だね~。
そうよっ、幸せ掴み取るのよ!!
ガンバレちいちゃん!!
2007/12/30(日) 23:00:40 | URL | シロクマ #3ZRRLaGk[ 編集]
お疲れ様
通院納めごくろうさまです。

インプラントってレントゲンに映るのか~?!
まったくそのあたりは意識が行ってなかったな。
今年の健診で既往欄に「乳がん」って明記したけど会社の健診担当してる健康オタク&ワイドショー並みのウワサ好きお局様が何も言ってこなかったから映っても乳がんて書いても会社提出用には書かれないんだと思ってた(笑)
実は私も今年会社都合で別会社に転職・再就職扱いで変わってて、それが入社前健診だったのだけど。
きっと大丈夫よ。
逆にそんなこと会社に提出したらバレて裁判沙汰になりかねないじゃん。

ドクターに「来年はいい年になりますよ」って言って貰えると気持ちよく新年を迎えられそうね。
私は年明けだ~マンモが待ってる(^^ゞ

外科手術を要する結構な病気だったのに、当たり前のように術前と同じ生活をしているけど、この「当たり前のように」ってのがいかにありがたいことか、幸せなことなのか最近時々考えます。

泣くことも取り乱すことも絶望することもなくここまで来れたのは、調べることややることが多くて暇がなかったとか性格的なこともあるだろうけど、やはり胸を失った感覚を味わずに済んだのは大きいな、と思います。
術前に心配だった「治療と仕事の両立」も新幹線や半休でどうにかなったし。

乳がんになってよかった、とまでは思わないけど、恐れていたほど酷いもんじゃないなと今は思えます。
何事も貴重な経験、今後の人生に役立つに違いない!

PS.
頂いた中川先生の著書読みました。
ソフトな筆致で語りかけて安心させてくれる本ですね。
先生自身も「死ぬならガンがいい」って明言してるし(笑)
これからの人には告知の前にぜひ読んでおいて欲しいし、患者にとっては新しい知識になる部分は少ないかもしれないけど、なかなか受けられないけど大切なメンタル面のケアになると思います。




2007/12/30(日) 22:57:58 | URL | OPAL #KEBm523s[ 編集]
えぇ~~!!
仕事納めも終わってゆっくりの日々です。
なんですって、高いの?
HPの治療記では材料代位でやってくれるって書いてなかった?
私は今年お腹の傷の縫い直しを形成でして貰いました。
ポスト腫瘍ということにしようということで保険が効いて1万か2万でしたよ。
前に相談した時は確かに1cmン万円とか言われて諦めた事あります。
胸の縫い直しは解らないけど、何ヶ月もテープを貼ったほうが良いので涼しい時がいいかも。

2007/12/30(日) 18:39:18 | URL | 南 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。