乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時再建という選択
2007年07月31日 (火) | 編集 |
数日前突然、ちいの手術をしてくれた
外科の先生から電話がありました。

悪い知らせでもあったのかと若干テンパっていると

なんでも
「新しく来た30代の患者さんで、
あなたの症例ととてもよく似た人がいる。
術前術後の写真を見せてもいいか」
「もし彼女が実際の話を聞きたいと希望したら
連絡先を教えていいか」
とのこと。

おーおー、そゆこと~。

参考になるなら、と「どうぞどうぞ」と返事をしました。

で、その彼女(Aさんとします)から連絡を頂いたので
昨日、投与後に品川駅のスタバでお茶してきました。


*ちいの乳がんについて、簡単に説明しますと

*右胸、内側、上部
*腫瘍径が約6cmと巨大
*術前ケモの後半に変色(壊死?とも言われたけど定かではない)
*皮膚浸潤あり

*→こうなると「乳房温存」ができない。
*標準的には「全摘」が適用になります。



Aさんの腫瘍径もやはりかなり大きい様子。
地元近くの病院で術前ケモとしてECを2回終えたところで
変色と皮膚浸潤(ほんとにちいと一緒~!)を起こしてしまい
先に手術を勧められたとのこと。

当然、全摘で、という話になりますね…。

そこで、知人を通じてちいと同じクリニックの話を知り
こんど皮下乳腺全摘+同時再建に臨まれるそうです。

「皮下乳腺全摘」というのは
皮膚も全部切り取ってしまういわゆる「全摘」と違い
皮膚を残して
乳腺(おっぱいの中身)のみを摘出しま~す。

で、胸筋を引っぺがし
その下にインプラントを単純挿入してニセ乳をつくっちゃうのが
「同時再建」です。

入院も一泊二日(!)
ほんとにがんの手術したの?という位、体への負担が少ないのです。

こう書くといいことだらけのように聞こえるかも知れないけど
中には異物が合わない人がいたり、放射線が当てられなかったり
気分的に皮膚残すのは不安だったり、保険が利かなかったり…という
デメリットもあります。

どう生きていきたいか、というそれぞれの価値観のもとに
決断をしないといけない。
それが乳がんの手術ってもんなんですよね~。


Aさんのお話を聞いていてなんだか胸が熱くなりました。

ケモを行った病院の先生はプライドがあるのか他院での手術に渋い顔、
そして最初はご主人も東京での手術に前向きではなかったと。

それでも、
Aさんの強い意思と希望のもとにこの手術を決断されたんです。
クリニックで先生に実際に会ったご主人、
いまでは大賛成で応援してくれているそうです。ステキー

まず自分、
そして支えてくれる家族の意思統一がきちんとなされていれば
絶対に治療はうまくいく。

逆に
「あの先生がこう言ったから」
「家族がこう言ったから」などと
納得のいかないまま治療をしても
あとあと自分が苦しむだけです。

なーんて
そんな私も、手術前にはいろいろ揺れたからなぁ~。。。
その時のことをぼんやり思い出しました。
(詳しく知りたい!という方は
『ちいのページ』に遊びに来てね!)

・・・

最後はトイレに二人でコモって
只今ケモでブツブツの、見苦しいちいの胸をお披露目
&お触りしていただきました^^;

外に人がいたら、相当怪しまれたかも知れません!きゃははー。

それにしても~

こんなお気楽ゴンタ君な私の話で、
Aさんの疑問や不安は晴れたのでしょうか、相当自信がありません・・・。

だけど、ドーーン!と手術に臨まれて、
万事うまくいくことをちいは心からお祈りしています☆

Aさん、キバってこーね!
いつまでも老けないおっぱい、作ってもらお~~!!

PS:皮下乳腺全摘+同時再建は乳がん手術の選択肢のひとつですが
当ブログはそれを推奨する意図は全くございません!


クリックもお願いします♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
10月は乳がん月間ですね
こんにちは。いつも拝見させて頂いております。

そう言えば、10月は乳がん月間ですね。
年々、乳がんになられる女性が増えている最中、
「乳がん治療には早期発見が第一!」という
フレーズは乳がん体験者の方々には
言わずとも知れたことだと思いますが、
当店では「早期発見で乳がんを撲滅しよう!」
という目標をかかげ、日々努力している次第であります。

そこでご紹介させて頂きたいのが
自宅で簡単に乳がんの自己検診ができるという
「ドナグローブ」という商品です。

乳がん先進国イタリアで開発された医療検査用の
特殊なグローブ(国際特許申請中)で、自己検診の際に
ゴマ粒大のしこりも自分で容易に感知できてしまいます。
その為、早期発見率がグッと上がり、初期段階の内に治療を受けることで、完治する確率が高くなります。

また、当商品をご購入された際の1商品につき、
日本対がん協会の乳がんをなくす「ほほえみ基金」にも
寄付をさせて頂いていく予定であります。

乳がん撲滅のためにも宜しくお願い致します。m(_ _)m

Happy Club
2007/08/23(木) 10:42:19 | URL | ハッピー #OqadrIjg[ 編集]
シロクマさんへ
ああ、ビックリした。「ジツブツ」を最初「ブツブツ」って読んだじゃないですかー(笑)
よかったね、ってシロクマさぁん!?って思いましたよ!!あはは~☆
命ありきが大前提になりますが、その中でできる事っていうのを知って、選ぶプロセスが大事ですね。簡単な事ではないのですが。
その一助になれたなら、良かったかな~と思います。
ゴンタ君名乗っちゃいます?喜んで暖簾わけしますよん♪
2007/08/01(水) 22:27:23 | URL | ちい #-[ 編集]
りんごJAMさんへ
りんごさんもブーストおつかれ!!
まあ確かに、手術前に実物みれることって自分の時にもなかったし(私はエイヤッ!でオペってしまった)、いい機会だったと思ってもらえていたら嬉しいな…。どうだったかな。
ね、こういうのヒョイヒョイってアレンジしちゃうナグ、やっぱりさすがだなぁって思います。
2007/08/01(水) 22:22:19 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいちゃんの話をきけて、しかもジツブツを触らせてもらえて、
Aさん、本当によかったね~。
再建ってどうしてもイメージ先行になりがちだと思うし、
ましてや触り心地まではね!!
本当に、乳がんの治療は選択の連続だし、
それぞれ、重きをおく部分の違いで、全く違う道になるよね。
Aさんも、納得いく治療の道が開けてよかったね。
お気楽ゴンタ君って気に入った~☆
私、お気楽ゴンタ君2号って名乗ろうかな~!!
2007/08/01(水) 22:02:02 | URL | シロクマ #3ZRRLaGk[ 編集]
貴重な体験
タキトラ10回目、お疲れ!(遅すぎるね^^;)
ちいちゃんは謙遜してるけど、Aさんの為には
かなり参考になって、心強かっただろうなぁ。
胸見せてもらったり触らせてもらえるなんて
貴重な体験、そうそうできるものではないよね。
斡旋のアポをしてくれた先生も(ナグ?)素敵☆
受けたちいちゃんも、やっぱり素敵☆
キレイ事だけでは済まされないけど、手術前に
少しでも良いイメージを作れるのって、いいな
2007/08/01(水) 18:00:34 | URL | りんごJAM #pXrDCjo.[ 編集]
まさめぐさんへ
事前に情報を知って、選ぶっていうのが大事なんですよね。
だけど、どうも同時再建に関しては、まだまだメジャーではないというか、反対論者も根強いみたいだからね^^;
再建しよう!って思えた時がその時!なんだから、まさめぐさんにとってのベストタイミングも絶対今、以外のいつでもなかったんだと思いますよ~。
それにしても、私胸が一杯でほんとシドロモドロになっちゃったのぉぉ。もっとしっかりせんといけませんわ。
拍手ありがとうございます☆
2007/08/01(水) 17:09:43 | URL | ちい #-[ 編集]
はなさんへ
そうかなぁ…なんだかいろいろお伝えしたいことはあったのに、うまくしゃべれなかったわ…。
すこしでも参考になっていればいいなぁ。
でも、たしかに術前に実物に触れる機会ってそうはないもんね。こういうのメジャーになるといいですよね。
はなさんのお祈りきっと届くよ~♪
2007/08/01(水) 17:00:12 | URL | ちい #-[ 編集]
よつばさんへ
私もね、ここは経験者の腕の見せ所!と思ったんですが、なんだか今まさに手術に向かわれるAさん見てて胸が一杯になり、うまい事お話できなかった><
そんなことないよ~参考になったよ~って言って頂いたのですが、やっぱり自分は若輩者だわーって反省しました。今後の啓蒙運動のためにトークを磨かなければいけません!

よつばさん、部位一緒なんだ!内側って珍しいはずだけど、結構いるんですねぇ~!
2007/08/01(水) 16:56:49 | URL | ちい #-[ 編集]
ゆうゆうさんへ
そうそう、個人情報の問題もあるから
写真とかは許可なしには出せないんですよね、病院も…。私も大学病院では写真出せない、って言われた事思い出しました。
個人を特定できなければいいじゃーん、とも思いましたけど^^;
手術前にイメージできるのってやっぱり安心に繋がりますよね。月曜はなんだかうまくお話できなかったんだけど、Aさんにとって少しは参考になったらいいな、と思います。。。
2007/08/01(水) 16:41:45 | URL | ちい #-[ 編集]
OPALさんへ
>「まずガンを治すことが先、再建はそれから考えればいいでしょ。」
ってこれ、やっぱりいまだに主流なのかなぁぁ??
私は、こういう考え方のドクターに一人も会ってないんですよ。術前ケモの大学病院でも、同時再建を薦められた経緯があるくらいなので。
まあ20代独身、がミソだったかもしれませんが。
でもとにかく、OPALさんの仰るとおり、事前に患者側が特定の医師の言葉に左右される事なく平等に知識を得て、選択する、ということが大事ですよね。

老けない、のは確かに健側のことを考えるとう~むですね。N医師遠くないうちに引退しちゃいそうだし(笑)
私の場合、この手術に際して胸が小さいことがプラスに作用したようです(バランスが取りやすい)
まあ何年か経つとまたスゴイ技術が出てくるかもしれないし、それまでこつこつおっぱい貯金ですかね!

2007/08/01(水) 16:37:32 | URL | ちい #-[ 編集]
ふくろうさんへ
知れ渡っていないのかなぁ。
たしかに、まだまだメジャーではないのでしょうね。
きちんとできるドクター自体、多くはないでしょうし。
中には、根強く反対論者もいるようなので。
私たち実体験者が元気に過ごす事で、後から罹患した方たちに安心してもらえるといいですよね。
初老のご婦人、パワフルですね♪
2007/08/01(水) 16:24:57 | URL | ちい #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/01(水) 15:32:25 | | #[ 編集]
ステキ~
ちいさんのお話を聞けてAさんにとってすごくプラスになったんじゃないかな。
私も今だから思うけど同時再建の話とか聞くことができてたら...って思う時があります。
だからすごく良かったと思います。
ちいさん、ステキ~!!
1つの選択肢として経験者からお話を聞けるのは貴重だよね。私も拍手ポチっとな~


2007/08/01(水) 15:29:43 | URL | まさめぐ #-[ 編集]
おはようございます。
Aさん、ちいちゃんに会ってたくさんのアドバイスや
実際に胸をみせてもらえてきっとすごく不安な気持ちが
和らいだと思うよ。
お医者さんから聞く手術や今後の話とは違う安心感みたいなのがあったはず。
Aさんにとってベストな状態で手術が無事成功することをお祈りしてますね☆
2007/08/01(水) 11:26:20 | URL | はな #4jiX2mjY[ 編集]
おはよう!
病気をしてみて、こんな思いはできるだけしない方がいいと、検診を啓蒙したり、後続の方々にできるだけ安心させてあげられる情報を提供するのが使命かな…と思うようになりました。
ちいちゃん、いいことしたね。
きっと、その方、お話を聞いたり、胸を見せてもらったりして安心されたことでしょう。
私もAさんの手術がうまく行くことをお祈りしています。
それにしても、ちいちゃんと私の部位は全く一緒だったとわかりました。
ちいちゃん病院の力、すばらしいね。
2007/08/01(水) 07:04:20 | URL | よつば #s.Y3apRk[ 編集]
おはよ!
Aさん、とっても良かったと思ってるに違いありませんよ。
私もそんな風に、、、と思いました。
個人情報保護とかで難しいだろうけど、これから立ち向かう病気の先輩の話を聞けるのは
どんな病気でもあると良いのにな~って思います。

ふくろうさんのコメント読んで、私も元気もらっちゃいました!
2007/08/01(水) 07:03:16 | URL | ゆうゆう #npj86UEo[ 編集]
手術前に再建した実物の胸に触れられるってとてもラッキーですよ。
胸を失うけど再建すれば元通り、って単純なもんじゃないし。
どこまで期待できるのかイメージしやすいし、ましてよく似た症例の方ならきっと助けになったと思いますよ。

私が術前にお会いしたドクター達の多くは「まずガンを治すことが先、再建はそれから考えればいいでしょ。」って言われましたが、症状がそれぞれに違うのと同じでリスクとベネフィットのバランスポイントは人それぞれなわけだから、術前に知ってて選べるってことこそがカギよね。

いつまでも老けないおっぱいか~
30代も広範に突入すると自胸は衰える一方で今がギリギリ左右のバランスボーダーライン。
3年先、5年先を考えると・・・(^^ゞ




2007/08/01(水) 00:30:26 | URL | OPAL #KEBm523s[ 編集]
一番乗り☆
こんちわ~
皮下乳腺全摘+同時再建。。ってあまり世間に
知れ渡ってないのかな。。?
実は今日ふくろうもアンサーのお注射の病院で
初老近いご婦人とお会いしました。。

あなた、お若いのね。。からはじまり、聞けば
乳癌と診断され東京の順…○病院から
九州の仙人先生を頼ってホテル生活1ヶ月目らしく
今、ウィークリを探して九州で本格的に治療しようと
思っているとのこと。。

ふくろうもお歳はちがっても乳癌とお聞きしては
放ってはおけません。
自慢のニセ乳をお披露目しました!!
↑東山の金さんかっ

おばあさまはいたく感激されてわたしの病院主治医
に受診するとのこと。。

ふくろうはお歳に関係なく、また遠距離をも
ものとしないパワフルなおばあさまに返って元気を
いただきました^^
2007/08/01(水) 00:10:29 | URL | ふくろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。