乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦 カラ咳で眠れぬ日々
2013年11月27日 (水) | 編集 |
だるい、喉が痛いという風邪の症状は何とかひいたものの酷いカラ咳が悪化中…

特に夜!
何とか寝付いても2-3時間たつと自分の咳で目が覚めてしまいます…
横になると苦しくなるため枕に座布団を重ねてホテルのように背もたれを作り
捨てられたフランス人形のような体勢で細切れ睡眠をとる日々
腹圧がかかることによる赤子への影響も心配です

ハチミツ大根、ゆずハチミツ、キンカンシロップ、しょうが紅茶
あらゆる民間療法もやりつくしました(あ、焼いたネギは首に巻いてなかった!)
が、その場しのぎで何も解決せず

近所に「子育て中の女医さんが院長」がウリの耳鼻咽喉科があるようだったので
妊婦に良いアドバイスもらえそう!と期待をこめて、とりあえず初診にかかってみました

でも今の時期、耳鼻咽喉科すごいですね!
インフルエンザ予防接種希望者、そしてマスクもせずに咳やくしゃみを撒き散らす
小さい子供で待合は溢れかえっていました

めったにかからないから分からなかった~TT
思わずマスクのノーズワイヤーを固く押さえ直します

で1時間半近く待って、ようやく会えた女医さん、基本スタンス「妊婦さんは産婦人科へどうぞ」

期待をしていただけに、落胆も大きく…

「咳止め欲しいですか?アレルギーの薬もあるけど、どうします?」と聞かれ
「え…そうですね、じゃあ一応ください」
「でも飲んでいいかは産婦人科の先生に聞いてください、処方箋は3日有効ですので」
「そうしますね」
「吸引どうぞ。やってラクになるならやりに来れば良いけど、病院も色々菌がいるからね」

まあ少なくとも妊娠中は2度と来ません、と心でつぶやきながらスチームを吸いました

呼吸器内科とかのが、良かったのかな~
まあ次の日は産婦人科の検診もあったので、改めて相談すべきなんだろうな

釈然としないままクリニックを後にしましたとさ~
スポンサーサイト
妊婦 風邪をひく
2013年11月12日 (火) | 編集 |
1週間ほど前から喉が痛くなり、生姜でも食べてれば治るだろーと思っていたら
どうやら日に日に悪化中(汗) 横になると咳が酷くて、鼻水もソコソコ…

今週頭から仕事もお休みいただいて、楽しみにしてたお出かけもキャンセルして
ひたすら休養にあててるのですが、どうにもこじれてしもた様子

ネットで劇的に効く!とされていた「ハチミツ大根」とやらも作ってみましたが全く効果なし
意外と美味しいのが救いですが…

次こそは黒焦げのネギを首に巻いてみるべきなのでしょうか

妊婦の免疫力のなさを実感します…
軽快に動けるはずの妊娠7ヶ月目、いろいろやる事もあるし寝込んでいる暇はないのにぃ

2000円もかけてハンコひとつの診断書いただき、絶対転用のきかないマタニティ水着買って
スイミングの準備もしていたのに、それどころじゃなくなってしまった

まあここでガッツリ風邪ひいてシッカリ治しておけば残りを元気に過ごせると信じましょう
25w4d 産婦人科検診 5回目
2013年11月09日 (土) | 編集 |
2013.11.8(金) 25w4d

尿検査→腹部(3D)・経膣エコー→問診

・平均より1w位成長が早い(胎児が大きい)
・むくみ等もなし
・羊水の量、胎盤の位置なども問題なし
・おりものが若干多いので、膣内を消毒
・風邪気味の場合、イソジンのうがいOK、でも生水でも効果はかわらないけどね、と
(ネットにヨードが良くないと書いてあったので聞いてみたのですが、一笑に付されました)
・マタニティスイミング用の診断書を依頼
・次回インフルエンザワクチン接種

久々に院長先生とペアの女医さんがお揃いでした
お2人の目で見ていただけるとより安心感もあります

胎児はいつものように少し成長が早め
特に頭が大き目なのですが、ここだけずば抜けているわけではなく胴や足も長いとのことで
要は全体的にビッグサイズ…予定日が早まるかもしれないのだそうです

この日はおっぱいにも話が及びました
皮下乳腺全摘とはいえ、残っているかもしれない?乳腺が炎症等を起こす可能性もあり
その場合は冷やしてあげてね、と
片方だけで全てをまかなうのは難しい可能性があるけど、病気だけでなく色々な理由で
おっぱいが出ない人はいる、それが愛情の証の全てでは無いし心配ご無用!とのこと
いずれにせよ始まってみないと分からないしね!と

そうよねそうよね
でも本当に産婦人科の先生って優しいな~
母乳問題、人によってはセンシティブに捉えてしまうのかもしれないですね

まあ、ちい自身は使えないものは仕方ないと割り切っているし
誤解を恐れずに言うと子供に対して「ゴメンね」的な思いはほぼ無いのです
できる限りの事をやらせてもらうけれども、運命ってモノもあるのだよ、という感じで

ひとつの参考事例として「片チチ育児」はどんなものなのか記録していこうとは思っています!

・次回 28w1dに検診



話は変わりますが、先日、スタバに行って「デカフェ」トライしてみました笑
「アイスソイラテ、氷抜きをデカフェで!」とオーダーしてみたところ
選べるのはドリップコーヒーのみだそうで~
「えっ、ミルク入っている系はだめ??」と聞いてみたところフォームミルクを入れた
カフェ・ミストならばできます、とのことでした

エスプレッソ系はデカフェの取り扱いが無いらしいです

飲んだ感想としては「まあこんなものかな」という感じですが、気分はそこそこ味わえるかな

タリーズやセガフレードでも頼めるみたいなので、行く機会があればレポします

※調べてみたところ、デカフェは「カフェインレス」であってカフェインフリーとは違うんですね!
昔のノンアルコールビール(ごくごく微量のアルコールは含まれる)みたいなことですかね
デカフェについて思うこと
2013年11月05日 (火) | 編集 |
先日、お世話になっている先輩達とイタリアンのランチへ行きました

へんに日本人向けにアレンジされていないお料理はいつ行ってもとても美味しくて
従業員もお客様も外国人が多いお店

久々の訪問だったのですが、ちいが妊婦と認識するや
「ハーイ、ニンプサン、コチラサービス!」とペットボトルのお水を出してくださる…

「食材の産地」の説明は、とにかく詳細!
3.11以降、特に顕著らしく、これは敏感な外国人客への配慮が大きいのかな
お肉やお魚は外国産、お野菜は九州産のものがほとんどでした
結果的に、妊婦にもとても安心でした

食後の飲み物は、コーヒー、カプチーノ、エスプレッソなど、全てデカフェが選択可能…

デザートのタルトには、通常はコーヒーのムースがほんの少し添えられているのですが
「カフェインが含まれるので」とちいのお皿だけチーズのムースに変わってた…

妊娠期間通じて、公共の場でこんなに優しくされたのは初めてで感動しました!!!

…といいながら
妊娠前は食後のコーヒーが習慣だったちいは、今も時々、いただいてるの(汗)
最大でも一日一杯と決めてはいるのだけど

カフェイン摂ると、胃と気分がスーッと落ち着くんですよね

だけど、このレストランのあまりの配慮っぷりには、嬉しさと共に少し反省もしたわけで…

別の日に、某ド○ールにて「デカフェは選べますか?」って聞いてみたのです
レジのお姉さん、笑顔で「ハイ?」
「デカフェはありますか?」「デ…デ…???」
ああ多分無いし、そもそもこの子はデカフェを知らないんだな、と察しましたが
「カフェインフリーは選べませんか?」とダメ押し

そこまでやり取りしてやっと、隣にいたベテランらしき男性が「ございません」だって

ずっと以前、赤ちゃん連れの友人達と百貨店のキッズカフェ?でお茶した時も
店員さんと同じようなやり取りをしたことも思い出しました
授乳中のママとか妊婦さんがワンサカ来ると思われるお店でもそのレベルです
結局「…じゃあオレンジジュースで」となってしまうのですよね

食後にオレンジジュースなんて飲みたくないしー!
ケーキにジュースとか、もはや別の意味で身体に悪そうだしー!

ちょっと調べてみたら、スタバやタリーズなんかはデカフェが選べるらしいですね!
アメリカは食に関して健康・宗教・価値観などの多様性に対応せざるを得ないから?で
デカフェ豆は日本では取り扱い上に法律の問題もあるみたいだとか

でもさ何も妊婦だけではなくて、コーヒーは大好きだけど胃の調子が悪いとか
ランチご一緒した先輩がそうだったんですが、午後カフェイン摂ると夜まで目が冴えてしまうとか
ちい父も結石やってしまった際にコーヒーや紅茶を摂り過ぎないよう医師に言われたようだし
とにかく何らかの理由でカフェインを制限したい人も多くいるわけで

カフェ文化が定着した日本での需要はこれからも高まっていくと思うんだけどなぁ

せめてレストランでは気の利いたハーブティーなども置いてくれると「おっ」となりますね!



こちらはまた別日の和栗づくし~~~~
写真 1 写真 2
注:ちゃんとお友達とシェアだよ!

いも・くり大好きじゃあ~!
甘いものが食べたくて仕方ない、今日この頃です…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。