乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療を始めます①
2013年02月28日 (木) | 編集 |
前の記事で
「人生の優先順位」なんてたいそうなことを書いてみましたが
要は「子供どうするよ?」ってことです

ちいは今年35歳、結婚して丸4年 できる、できない、いずれにせよ
早く結果を出したいので、体外受精のクリニックに行く事にしました!

突然、体外??と訝しがられるかもですが実は、これが初めての通院では無いんです

ここに至る経緯、自分の考え、治療経緯を備忘録兼ね、ブログに残して行こうかなと思っております


まずは過去のニンカツについて

そもそも、乳がんの治療を終えて結婚の話が出た時(29、30歳位)
できちゃった婚というか計画的授かり婚?などと考えていました

結婚した後に、この問題で悩みたくなかったし
転職後1年ほど経っていて、自分の居場所もある程度確立できたので、今でも一番の理想である「正社員で産休・育休、時短で復帰」を実現するにはベストなタイミングではなかろうかと

当時付き合ってた現夫も「別にどっちでもいーよー」ってなノリで

しかし一方で
「できなかったら結婚しないのか、そんな事はないでしょ」
「相手の家族が不快に思うのでは?」
「まーまーとりあえず、順番まもっとこ!」
等、各方面からの助言?説得?があり

まずは30歳での結婚という運びとなりました
んで、妊娠などにはかすりもせず、いわゆるDINKSで1年ア!!!という間に過ぎました

治療という深い決意はなく、一度、身体チェックに行ってみようかな
と当時、職場にほど近い不妊治療専門クリニックの門を叩きました
通院にあたっては、乳がんの主治医の許可も得ていました

血液検査各種、頸がん、エコー、卵管造影、ヒューナーテストと一通りの検査を受け、全ての結果は良好
子宮内膜症気味ではあるが決定打になるほど重くはなく要は表向きには「原因不明」

ただ、1年出来なければ9割がた不妊体質だろうと、一般的には2年というけれど1年みれば充分と説明されました

当時31歳と、患者の中では若かった事もあり(そのクリニックの平均年齢は38歳)
ゆうてもすぐできるよね、と先生も私もお気楽な感じでタイミング療法を開始

ごく軽~いという排卵誘発剤(確かセキソビット)を生理3日目から服用し、指示された日に血液検査とエコーにて卵胞チェック
「はい、この日にいたしてください」という日を指示され、その後「着床を助ける」という皮下注射をうちに行きました

この位だと、月に2回ほどの通院ですので仕事に支障をきたさず何とか通う事が可能でした

が、4~5周期ほどのタイミングは全て撃沈

先生いわく、私のような原因不明不妊の人に人工授精は意味が無いとの事
人工授精のメカニズムはタイミングと変わらないから、という理由らしい
なので、次に進むなら体外受精でしょうと

なるほどねぇ、そうなっちゃうかねぇ
でも仕事しながら体外受精はスケジュール的に絶対無理だし…
よく言うじゃん、忘れた頃に自然妊娠しました、とか!…
そもそも、まだ私は若いわけだし…
だいたい、スンゴク高いわ~…

などと逡巡しているうちに夫3ヶ月の長期出張が決まり
帰国した頃には、私が異動して勤務地が変わり
物理的にそのクリニックには通えなくなってしまいました

タイミングでの結果こそ得られなかったもののその間に先生と話した内容には考えさせられるものがあり有意義だったんだな、と今となって分かります

例えば体外受精を上記のような理由でためらっていると

「仕事はいつでもできるけど、妊娠ができるのは今だけ。
お金もかかるけど、それだって一時の問題である。
そもそも、子供の一生にかかるお金は体外受精の比ではない。」


確かにね、ごもっともです

また
「30前後でちょっと不妊治療をかじって、結果がすぐ出ないと止めて
でも結局諦めきれず、30後半で戻ってくる方がとても多い。
もちろん全力を尽くすけど、医療で解決できない問題は、加齢。
若さは取り戻せない。
どうしてもっと早く来てくれなかった、というケースがある。」


その時は、ふ~ん、そういうもんかねと思って聞いていたけど
まさに現在の私はその状況に片足を突っ込んでるわけですね…

年齢(当時31)に関しても
「ここでは若い方ってだけで、早すぎるってことでは無いから」
とズサッ!

「体外受精は治療でありながら、検査のような側面がある。
卵子と精子を医師が顕微鏡で直接観察できるので、原因がそこで分かる事もあるし
分からなくても、より個々の状態に合った治療を組み立てる事ができる」

とも

まあでも当時はまだまだ余裕があったので切実に受け止めてもおらず

かくして

次に何か治療するとしたら、体外受精しかないなー
→仕事と治療の両立は絶対無理
→でも、仕事しないと体外受精の費用の捻出厳しい(注:ココ既に袋小路)
→しかも辞めて、治療しても、できなかったら?全て失う!(注:そんな事ないんですけどね)
→ん~やっぱりベストは正社員の産休育休よ!
→タイミングの取り方が理解できたので自己流で何とかなるなる!

というような思考に至りました。。。
まさに不毛なスパイラルで、自分で書いててもイライラします!
先生のお話は常に頭の片隅でこだましていたんですけどネ

子供問題はなんの解決も見ぬまま宙ぶらりんに抱えて
このあとの退職、そして再就職…人生の迷い道ウネウネと…
で、ショートカットも甚だしいですが、今に至ります(笑)

長くなったのでこの辺で一旦切ります
スポンサーサイト
退職!
2013年02月21日 (木) | 編集 |
2月末で3社目を退職します。
昨日が最終出勤で、あとは有給消化!

5月に入ったばかりだからたった9ヶ月ぽっちの在籍。
長く勤めてこそ分かる事があり、環境も刻々と変化はするでしょう。
履歴書にこんな短期就業の黒歴史を追加してしまうことには葛藤があり
迷った時期もありましたが…

最終的には、直感に、正直に従って。

仕事上での責任と、年末の超繁忙期を乗り越えて
自分の中ではけじめをつけたつもりです。

いやぁ
短いんだけど、とっても長かった!濃かった!
毎朝、駅までの道で心療内科クリニックの前を通るのですが
最後はここだと心の拠り所にしていました(ネガ!)

不思議なもので、だんだんイヤヨイヤヨも好きのうちみたくなってきて
この会社で頑張ってみようかと思い直してみたり…ぐ~るぐる

ただ、済んでみれば良い経験とも捉えられるし
9ヶ月の迷走が、逆に、人生の優先順位を
明確にしてくれた部分もあります。

この「人生の優先順位」というものを見失ったまま新しい会社に属した事も
良くなかったんですよね。それは反省。

これからも、私なりの幸せ探しの旅は続きます!
心身のバランスが取れるような生活ができたらいいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。