乳がんと、その後の日々のこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモ 半年ぶり
2009年06月28日 (日) | 編集 |
現在無治療のちいの、定期検査は
マンモ&エコー(局所フォロー) と PET(全身フォロー)を交互に
半年おきに行っていくこと。

というわけで、今日はマンモ&エコーを受けてまいりました。

久々の検査。久々のクリニック。

この間、体調に変化はなく
結婚もし、仕事に追われ…目まぐるしく過ごしているゆえ
なんとなく病気から意識が遠ざかってしまいがち。

自主性が重んじられる我がクリニックでは
検診の予約も1ヶ月前に自分で予約します。
それを忘れたら、誰も呼んではくれません。

きちんとメンテしていくことは、病気を経験した自分への責任ですから
定期検査だけは外さずにやっていきます。

今日は生理前でおっぱいハリハリハリー。

病院に行く前、ランチを一緒した姉にそのことを話したら
ハリハリのおっぱいを挟むことを想像したらしく、顔を歪めながら
「周期を計算して予約すればよいものを」とアドバイスされました。

その通り!

その通りなんだけどねー

手帳にいちいち☆マークとかつけるのが
とても面倒なんだよね…

「数えるのは、ちいは、ちょっとできない」と答えたら
「数え方?1,2,3…って数えるんだよ。頭が弱いの?」
と本気で心配されました。

検査予約時に
「どうぞこの日は生理直後でありますように」って根拠なく願うのが
精一杯のちいは、やっぱり弱いのかもしれましぇん。ほほほ。


検査は、女医先生がやってくださいます。
チャッチャッとマンモの機械の前に立たされた瞬間
「生理前でして…」と蚊の鳴くような声でつぶやいてみました。

先生は胸をつまんで
「あらー、そう。あーー。確かに固っ!!じゃああんまり挟まないから」
と言ってくださいました。

そうは言ってもネ、やっぱり変な脂汗が出るくらい、痛かったです…

何度やってみても、ブルーな検査です。

毎度毎度、痛いとかブルーとか言ってスミマセン。
痛みは個人差があるので、怖がらずに検査受けてくださいね!
(説得力なし)

その後、エコーをこれまたチャチャっと受けました。
画像にて、5mm程度ののう胞を確認しましたが
生理前の影響だろうとの事。

服を着て
先ほど撮ったマンモ画像もその場でパソコンで確認。

「相変わらず、乳腺パンパン(笑)」と女医先生。

まあ張りやすい性質なんでしょうね。

細かい石灰化も見えましたが
それらは何も心配ないとの事。

診察室に入ってから、ものの5分で定期検診は終わりました。

なんともアッサリー。

でも、腑抜けするくらいアッサリ終わる検査を積み上げていくことが
患者には最も幸せなことなのかも知れませんね。

病気の恐怖や不安からはうまく距離を取って遠ざかりつつ
やるべきことはきちんと。欠かさずに。

そんな感じでこれからも過ごしていけたらと思います~


クリックもお願いします♪






 
スポンサーサイト
マイケルが死んだ
2009年06月27日 (土) | 編集 |
朝からマイケルの話題でもちきりです。

ちいにとって、マイケルといえば
小学生の頃観たディズニーランドのアトラクション「キャプテンEO」
マイケル主演の3Dムービー。いまはミクロアドベンチャーかな?
世の中には
こんなにお尻が小さくて、足がシャーッと長い人間がいるのかと
子供心に衝撃でした。

思うに「キャプテンEO」のマイケルは、
肌色の塩梅も丁度よく、整形もかなり上手く行っていて
美しさの絶頂だったのではないでしょうか。

マミーもこのアトラクションが大好きで
ディズニーマニアだったちい達は
ピーク時は年に2-3回観てたことになります。

かといって熱狂的なファンというわけでもないのですが
つい3年くらい前には、PVを集めたDVDも買いました。
テレビでたまたま「スリラー」を流してて、久々にキレたダンスを見たくなって…

周囲には
「なんで今更マイケル??」と訝しがられ理解されませんでしたが
子供の頃に、無条件に崇拝していた気持ちが
ふとしたきっかけで突かれて甦った感じ。

乳がんのケモ中は、うちにいて暇でしたが
かといって外で運動するわけにも行かないので
DVD観ながら昼間、一人で踊ったのも良い思い出です。

オススメは、超酔っ払ってしまった時のDVD観賞!
キレキレのダンスは必要以上に興奮します。
曲が新しくなるにつれ、そのお姿が過激に変化していきますが
それさえも、もはやある種のエンタテインメントに思えてきます。

なんというか、ああいう、唯一無二の人物に憧れがちなんです。
だれもが、もともと特別なオンリーワンっていうけどね、だけどね!
やっぱり、神の子というか、選ばれし者っていると思うのです。

彼は間違いなく、そういう人間だったと思います。

追悼CDとかDVDが沢山出るんでしょうね。なにか買おうかな。
だってね、ちいのDVD、テープみたいにA面とB面があって
途中でひっくり返さないといけないっていう
面倒なやつなんだよね…

DVDって両面つかえるんだーって一瞬感心しちゃった自分もいたのですが
連続で見れないのは結構なストレスということに
1回目の観賞にて気づきました。

この騒ぎが収まった頃、ひっそり買い換えようっと。


クリックもお願いします♪


髪は自由自在
2009年06月08日 (月) | 編集 |
披露宴のあと、沢山の人に聞かれました。

「あれってウィッグでしょ?ちいの長さじゃ無理だよね?」


ふっふ

1年半以上もヅラ生活した私ですよ。
誰が好んでウィッグつけますか。

とはいえ、式は神社だったので、ヅラアゲイン。
最近の文金高島田は、軽量化されているらしく、そんなに苦じゃなかったよ。
bunkin

和装は、ちいの強い希望。
南国顔での和装を親戚中に心配されましたが、ヅラもコンパクトだし
そこまで違和感なかったと思います…

それに「アタマに、なにかかぶる」ことに慣れていたせいか、自分の感覚的にも
最初からシックリきてました。

ケモ時代のゲッソリ体験も、無駄ではなかったのかもネ。


披露宴では、髪を洋髪にチェンジ。

これが、ウィッグ疑惑を呼んだモヒカンスタイルです。
youhatu

リハーサルでは、この半分くらいのボリュームだったんですけど
本番になってヘアメイクさんと髪を作り上げていくうち
「盛っちゃう?」「盛っちゃいましょう」ということになり
このようなモリモリヘアになりました。

事情を良く知る友人も沢山来ていましたが
まさかこれが全部地毛だとは思わなかったみたいです。

24状態でお色直しの時は、面をまとめて夜会巻きにしました。
dress

この場合、盛ってる部分には、まっくろくろすけのようなアンコが入ってます。
でも、表面はすべて自前。

そんなわけで、髪はいろいろ遊べた感があります。
たかだか、脱ヅラ1年程度。
ちょっと前までゴラムだったのに。
2回も完全脱毛したのに。
細胞の回復力ってすごいものです。


ドレスのサイズ合わせには少々苦労しました。
ニセ乳のほうは、寄せる肉が全くないので、どうしても健側とサイズが合わない。
脇にもキズがありますしね。

しかも、ビスチェタイプは動くとちょっとずつ落ちてきて、なんかキズ見えてる?
みたいなタイミングもあったんですが^^;

まあ、あんまり気にしな~い。

見えてもいっかー、位に思ってた。

もちろん、事情を何も知らない人もいるから、痛々しいのは厳禁だけど
そんなことより、着たいものを着るっていうことを優先しました。

治療したから、コレがアレができない…みたいなことはほぼ無く
ラッキーだったのだと思います。


んで、先週、中途半端に伸びた髪は、切ってしまいましたー!

憧れのロン毛ですが
飽きっぽいちいには、永遠の憧れのまま終わるのか?!

だって
一度切ったら気持ちよくて、次はもっとバッサリいってしまう予感…

結局、おサルに戻る日も近いかも知れません!

クリックもお願いします♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。